一発逆転!別れた彼氏の誕生日をお祝いする方法

スポンサーリンク

別れてもまだ未練がある元彼なら、誕生日もお祝いしたいでしょうし、もしかしたら誕生日をきっかけに復縁できるかも?そんな淡い期待を抱いてしまうかと思います。

とはいっても、元カノから誕生日を祝いたいと言い出されてても、元彼を困らせたり怒らせてしまったのでは、復縁できる可能性が低くなってしまいます。

お祝いしたい・・・でも機嫌をそこねたらと悩んでしまいそうですが、どうしたらお祝いから復縁に近づけるのでしょうか?

メールでのお祝いなら見極めが必要

元彼に誕生日メールを送りお祝いしたい!その気持ちは、今でも元彼のことが好きだからこそ沸いてくる感情です。

誕生日のお祝いくらい・・・そう思ったとしても、今元彼にメールをしても大丈夫なのかどうかの見極めが、成功のポイントとなります。

まず誕生日メールをしても大丈夫なパターンは、元彼に対し自分が未練を見せていないこと、今現在元彼とメールし合える関係な場合です。

そして送ってはいけない状況なのは、的確な冷却期間がなく、未練を見せ過ぎ元彼が引いてしまっている場合です。

自分の身に置き換えてみると分かりますが、自分の方から振った上もう恋愛感情のない相手に「まだ好きなんだ」と何度もメールをされたとしたら、気持ち悪いですし嫌悪感だけは大きくなり逆効果でしかありません。

恋愛初期にどんなにラブラブ状態であったとしても、別れ際は言い争ったり大ゲンカ、良くてもお互いの気持ちが冷めた状態で別れているので、元彼はどうしても嫌悪感を感じています。

嫌悪感は数週間から数ヶ月の「冷却期間」を取り、嫌悪感が冷めた頃でないと連絡をしても逆効果でしかありません。

お誕生日メールは気軽にやり取りができる関係ならOKですが、もし別れてから何度か未練を感じさせるようなメールを送っていたり、十分な冷却期間を取っていない、メールのやり取りはできても、2・3回程度しかやり取りができてない場合もNGです。

やり取りができ、返事も返ってくるようなら単なる「誕生日メール」としてメールをしてみてください。

「誕生日おめでとう☆今年一年が○○にとって良い日々になりますように♪」

これくらいの短い内容の方が、読みやすいですし変に勘ぐられることもありません。

そもそも誕生日メールを送るのが目的なのですから、短く簡潔な内容が一番です。

もし元彼と別れた後、何度か食事に行っていたなら「良かったら好物でもおごるよ」と付け加えておけば、ふたりっきりの時間を楽しめる可能性が高まります。

ただし自分を印象付けたい、喜んでもらいたいからと誕生日メールを12時きっかりにメールを送るのはNG。

待ち構えたかのように送られてきたメールに、元彼が未練や嫌悪感を感じると返信どころか着信拒否される場合もあります。

誕生日前後に連絡し、当日には接触しない方が無難

今でも好きな気持ちが残っている元彼と復縁したい、そう思ったら誕生日当日に何とかして連絡を取らないと!そう強く願ってしまうものです。

ところがそのような執着を見せられると、元彼はその勢いに「未練」を感じてしまいます。

誕生日当日「以前みたいに一緒にデートして誕生日を祝いたい」と感じるでしょうが、復縁は少しづつ好感度を上げていかないと些細な焦りが失敗を招きかねません。

元彼にとって誕生日の当日に元カノからメールが来るのは、別れ方が悪かった関係なら背筋がヒヤッとする気持ちを感じることもあります。しかも当日にメールを受け取ったなら、瞬時に復縁の事が頭に浮かびます。

誕生日当日でのお祝いは自分の気持ちが伝わる危険性があるので、誕生日前、誕生日から何日が過ぎた頃、思い出したかのように自然な感じで連絡し、短い電話やメールでお祝いした方が復縁には近づけます。

lgf01g201406301100

スポンサーリンク

共通の友達がいるならパーティを開こう

もし元彼と共通の友達がいるのなら、友達と共同で元彼のバースデーパーティを開く計画を立てることをオススメします。

この方法はある程度メールや電話のやり取りができていたり、または少々気まずい関係だった場合でも、自分の誕生日パーティを開く事を提案すれば、皆と一緒ではありますが誕生日をお祝いすることはできます。

本来なら付き合っていた頃のようにふたりっきりでパーティをしたいでしょうが、友達同士でワイワイ楽しく騒いだ方が気まずさを感じず、友達がクッションとなり自然な会話を交わすことができます。

元々友達同士で騒いだり楽しむのが好きな元彼なら、自分の為にパーティを開いてくれると聞けば、元カノがいてもそこまで気にせず話に乗ってくれますよ。

むすび

付き合っていた頃のように、誕生日当日にはふたりでお祝いしたいと感じるでしょうが、自分の好きな気持ちと同じくらい、元彼の気持ちが高まらないと気持ちは復縁へ近づきません。

まだ元彼の気持ちが高まらないうちに、誕生日当日に「ふたりっきりでお祝いしたい」と言われても、その気がないなら冷たくあしらわれかねません。

付き合う前程度の関係や友達関係に戻れているなら、友達同士でパーティを開いたり後日食事をおごるくらいのお祝いはできますが、別れてからメールのやり取りを何度かした、もしくはメールすらしていないなら、誕生日当日にメールや電話でお祝いするのではなく、誕生日の少々前か後に連絡かパーティをするよう心がけた方が心証はよくなりますよ。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから