DV彼氏の特徴と恨まれずに別れる方法

スポンサーリンク

ここ数年でよく話題になることが増えた「DV」ですが、振るう人の中には普段から暴力的な言動が多い人もいれば、会社や友達には評判がよく誰からも悪い評判を聞かないような人でも、家族に対してDVを振るっていた例もあります。

隠れDV彼氏の場合、付き合う前は良い人を装っているので「本当は良い人」とずるずる付き合い続けては、自分の心を傷付け続けますし、今後の恋愛観を激変させてしまうマイナス要因にしかならないので、なるべく早く別れないと大変な事態に陥る危険性もあります。

危険な相手なだけに別れるのには勇気がいるでしょうが、今の彼氏に思い当たる特徴があったなら、恨まれない方法でできるだけ早く別れる事をオススメします。

「殴る」しぐさをよくする

DVを振るう彼氏の大きな特徴として共通しているのが、冗談半分で「殴る」しぐさをしてみせる事です。

ふたりっきりでじゃれていた時や、軽い口ゲンカをした際に軽くでも小突くようなしぐさや態度をよくしたりと、わざと殴るしぐさをこれ見よがしにしてみせるようなら要注意です。

その場では冗談だって~と軽く流していても、何度も繰り返されるようならしばらくすればDV被害にあうのは目に見えています。

急に感情を爆発させる

理性的な人は多少の怒りやムカつきがあった所で感情的にはなりませんが、ちょっとしたことで急にまくし立てるように罵詈雑言をぶつけてきたり、怒鳴り声と一緒に周囲の物を投げる・物を蹴るような場合、かなり高い確率でDVに発展します。

いつもは優しい態度で接してくれる彼氏でも、突然のイラつき・ムカつきに対処できず、つい本性が出てしまうのです。

優しい彼に限ってそんな事ないと思いたくもなりますが、DV気質がある人はキレやすくカッとしやすいので大変危険です。

しかもキレた後は優しい態度で謝罪するので「彼は私じゃないとダメなんだ!」と思い込み、関係がズルズルと続くことになります。

スポンサーリンク

友達や家族から遠ざけようとする

DV男性は自分の暴力のはけ口になる彼女や妻の存在を必要としているので、彼氏からの暴力を相談しやすい友達や家族を遠ざけようとします。

付き合い始めた頃は、今まで付き合ってきた彼氏より優しいですが、少しづつ「友達よりオレがいるだろ?」「男友達の番号消してよ」など、じわじわと孤立させようとします。

家族にいたっても同様で、彼女にDVを振るっているとなると家族が介入してくるのは目に見えているので、実家に帰ろうとすると不機嫌になり怒り出したりと、彼の機嫌をそこねないようにするよう、彼女を無意識に洗脳状態にしていくのです。

完全に孤立してしまうと、彼が怒り出すのは彼女のせいという風に、何をしても「彼女のせい」にされてしまい、彼の事を好きなはずなのに姿を見るとびくびくするなど、すっかり囲い込まれます。

しかも自分には甘く他人には厳しいので、ちょっとした失敗でも怒り出したり、男尊女卑でしか物事を考えない、立場の弱い人に当り散らす人はDV傾向があります。

場合によっては会社を辞めさせ、生活費としてわずかなお金を渡す事で逃走資金すら断ち切ってしまうDV男性もいますので、要注意です。

恨まれずにDV彼氏から逃げる方法

人目の多い場所で別れ話をする

DVを振るう男性は小心者が多く人一倍プライドが高いので、会社や世間からのストレスを弱者である彼女にぶつけ、ストレス解消の道具のごとく接しています。

彼女に暴力を振るってスッキリさせると同時に、自分から逃れられないように暴力と謝罪を交互に使い分けますが、早いうちに逃げ出さないと精神的にやられてしまいます。

効果的なのは、人の目があるファミレス等で、彼氏の友達、もしくは共通の友達・自分の友達や親・兄弟に同席してもらい、別れを伝える方法です。

すぐ暴力を振るおうとする相手でも、他人の目がある場所でなら大騒ぎもできません。

話し合いをする前にあった方が良い下準備としては、DVを振るわれた時の画像・音声、できたら診断書まで用意しておけば、話がこじれた場合の最終兵器として利用できます。

彼氏から恨まれずに別れるのは難しいですが、小心者でプライドが高い所を上手く利用し別れれば、彼氏は渋るでしょうが何とか後腐れなく別れることもできます。

自分が悪いとひたすら低姿勢で別れ話を切りだす

DV男は「別れてよ!」と強い口調で言い放つと、ついカッとなり暴力を振るってしまうので、なるべく低姿勢で「私じゃあなたを幸せにできない」「いつもあなたを怒らせてばかりでごめんね、別れた方が幸せになれるよ」という風に、あくまで自分が悪いと低姿勢な態度を貫いてください。

あくまで「彼の為にも別れた方がいい」「あなたの為なの」という姿勢で静かに話を進め、美しい思い出のまま別れたい・・・そんな雰囲気で別れを切り出すのがポイントですが、この場合ではなるべくメールや電話で別れを告げてください。

メールや電話で別れ話を切り出しても彼の方は渋るでしょうが、自分が責められている訳ではないのですから、すんなり別れてくれる確率も高くなります。

むすび

暴力を振るうDV男なんて、いち早く別れたい。何でこんな事になったの?と自分を攻めてしまう気持ちがあるかと思いますが、なかにはどんなに暴力を振るわれても「自分は愛されている」と思い込み、入院してもなおDVを認めない女性もいます。

警察への相談はもちろんですが、最近では探偵事務所でも相談に乗ってくれる所がありますので、自分の身はしっかりと守りながら彼との別れを進めないといけません。

DV男は他人に対しても一生懸命になれるひたむきな人や、気遣える人(看護師や介護職など)が狙われる傾向にあるので、付き合い始めてすぐ結婚の話をしたり、甘い話ばかりするような相手には十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です