彼女との上手な別れ方4つ

スポンサーリンク

付き合い始めた頃は好きな気持ちしかなかったのに、少しつづ彼女との性格の合わなさや相性の悪さが目立つようになると、一刻も早く別れた方がよいのでしょうが、そう簡単に別れられないのが現実です。

一度は好きになった相手ですから、お互いが傷付かないよう上手に別れたいものですが、下手にこじらせるとつまでも別れられず苦労することになります。ではどのようにしていけば、穏便に別れることができるのでしょうか?

何となくの別れを予感させる

昨日までいつもと変わらずメールや電話をくれていたのに、ある日いきなり「別れよう」と言われると、かなりショックも大きい分別れ話がこじれ、余計なトラブルが起こってしまいます。

彼女に対してなかなか話を切り出せなかったり、せめて楽しくデートをした後で別れ話をしようという考えなのかもしれませんが、その方が余計に彼女を傷付けますし未練も残りやすくなります。

別れを決意した後は、メールや電話・デートの回数を少しづつ減らしていき、彼女にそれとなく気持ちが離れ始めていることを予感させた方が「もしかして・・・」という別れの予感を感じさせます。

一緒にいる時にはそこそこ優しくても、会えない時にはなんだかそっけないという風に、少しづつ距離を開けていき、いざ別れ話をした時には「やっぱりね」というように心構えをしてもらっていた方が、別れ話も受け入れやすくなり、彼女の気持ちも冷ましやすくなります。

今まで週に2回デートをしていたなら週1に減らしたり、誘われても行かないようにするなど、少しづつ距離を置いていき、別れ話を切り出しやすくしていきましょう。

冷静さを失わないようにする

上手に別れるポイントは、自分の感情をいかに落ち着かせながら別れ話を進めるかです。

別れ話をしている時、つい感情が高ぶりすぎて口論にでもなってしまうと、自分達の大声に過敏になりますし、思ってもいない事を口走るなどロクな結果にはなりません。

別れ話をする時には必ず冷静な気持ちでいるようにしないと、気が強い彼女なら感情的になり物を投げてくることもあるでしょうし、気が弱い人ならその場で泣き出してしまうでしょう。泣かれると罪悪感も大きくなりますが、それ以上に別れ話を進めにくくなってしまいます。

だからといって別れるのを延期したところで、また彼女との恋愛がいきなり盛り上がることはまずありませんので、泣かれても相手に怒鳴られても冷静な気持ちで対処していけば、最終的には別れ話もまとまりやすくなります。

そんなあいまいな気持ちのままえ付き合い続けるより、彼女と冷静な気持ちで話し合いでの円満な別れを目指しましょう!

スポンサーリンク

憎まれるのは仕方ないとあきらめよう

恋人との別れで絶対に避けることができなのは「怒り」や「恨み」です。

自分の方はもう相手の事を好きでなくなったとしても、彼女の方は彼氏の事が好きなのですから、自分と別れようとしているのですから、こんなに最悪な事態はありません。

「こんなに好きなのに、何で別れようなんて言うの?」

大好きな人に傷付けられると、好きな気持ちが大きいからこそ恨みの気持ちが生まれ、彼氏と別れる頃には憎しみが生まれることがあります。

自分が好きになった相手なのですから、良い思い出を残したまま別れられれば良いですが、そう簡単にいかないのが現実です。

恨まれるのは嫌でしょうしできるなら穏便に別れたいでしょうが、憎まれることを恐れずしっかりと別れるように心して挑んで下さい。

相手の言い分も聞きつつ「友達」に戻るように説得する

恋愛の別れは何かとトラブルがつきものですが、穏便かつ上手に別れようと考えるなら、相手の言い分もちゃんと聞きつつ別れ話を進めていく必要があります。

自分の方が別れた場合には、自分の不満ばかりを相手にぶつけてしまいがちですが、それでは不平等ですし彼女の気持ちもおさまりません。

彼女の不満もしっかりと聞きつつ、まずは「友達に戻ろう」と提案し、何とか別れを承諾してもらい少しづつ彼女との距離を取り、他人に戻っていく方が多少時間はかかるでしょうが、少なくともケンカ別れよりは気まずくなりません。

彼氏としては別れても、友達としてもつながっていられる!という希望を持つことで、彼女側も別れやすくなりますので、別れ話を切り出した後「友達に戻ろう」と言って見ると、別れたくない!とかたくなだった態度を和らげられるでしょう。

どんなに優しい彼女だったとしても別れはやって来る

あんなに尽くしてくれたし、優しい子だから・・・別れられない。そういう想いがあると、愛情が無くなる「情」だけになったとしても、彼女を悲しませるのはとためらってしまうことがあります。

愛情が無いのに付き合い続けることの方が罪ですし、どんなに優しい相手とであっても、性格や価値観の不一致で一緒にいることができなくなるのが「恋愛」です。

もう一緒にいられないと思うなら、その決意を鈍らせないように強い決意を持ち、冷静な気持ちで別れ話を進めて下さい。

むすび

付き合う時よりも別れる時の方が大変な事も多いですが、彼女の事を傷付けたくないからと自然消滅に持ち込んだところで、納得できないままの別れの方がよほど辛いものです。

ちゃんとした話し合いの場を設け、真摯に彼女へと向き合わないと、お互いに過去になった恋愛を引きずり続けることになりますので、必ず話し合いを行いケジメを付けてから別れないと、ストーカー気味な行動を取られることもあります。

優柔不断な感情に惑わされることなく自分と彼女の気持ちにしっかりとケジメをつけ、新しい恋愛を見つけて下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから