別れたパターンで見る復縁への期間

スポンサーリンク

別れてはみたもののやっぱりやり直したいと思ったとしたら、元彼にメールや電話で「やり直したい」と告げてしまうかもしれませんが、復縁するためには「冷却期間」を取ったり関係修復の為にアレコレ画策したりと、そこそこの時間がかかります。

別れたパターンによって復縁までの期間は変わってきますが、どのような対応を取れば復縁することができるのでしょうか?

復縁には必ず必要な時間がある

元々付き合っていたんだから、まだ気持ちが少しでも残っているなら復縁だってできる!と思いたくもなりますが、短期間で復縁できるパターンとある程度じっくりと時間をかけないと復縁できないパターンなど、別れ方によって事態は変わっていきます。

気心知れている相手だからこそ、別れて1週間も経っていないのに「やり直そうよ~」とのん気に連絡して来られてもかえって相手を傷付けることもありますが、別れ方によっては時間を置かずに連絡を取った方が良い場合もあるなど、しっかりとした手順を知っておかないと後悔することにもなりかねません。

どうしても元彼と復縁したいなら、別れたパターン別に復縁計画を進めて下さいね。

小さケンカや自分が言い出した別れなら数日から1ヶ月

軽い言い争いでのケンカはどんなカップルでもあるかと思いますが、気持ちが高ぶったまま別れてしまったものの、冷静になった途端激しく後悔することになります。

ケンカは感情的になりやすいですが、感情が落ち着けば後悔が押し寄せ、まだ好きな事を改めて気づくきっかけにもなりますがケンカ別れの場合、なるべく早く彼氏に連絡を取らないと復縁するきっかけを失っていきます。

同じように早急に連絡を取った方が良いのが、自分の方から別れを切り出したパターンです。

別れようと言い出した側から「やっぱりまた付き合いたい」とすぐに言い出してしまうと、余計に怒らせてしまいそうに感じますが、他の復縁に比べ短期間で復縁ができます。

ケンカ別れや自分の方から別れを切り出した場合には、ケンカ別れの場合自分が悪いなら早急に謝罪の電話やメールをする事で、数日から1ヶ月程度で復縁することが可能です。

大ゲンカをして別れた場合には、元彼の気持ちも深く傷付いているでしょうから、短期間の復縁は難しくなってきます。

まずは3ヶ月程度連絡を取らないようにした後、ケンカの原因になった事柄を直すように努めたり、自分をより魅力的にする事で時間を過ごし、3ヶ月経った頃から復縁に向けメールから信頼関係を作り上げる必要がありますので、復縁するには半年~1年は程度かかる事を覚悟して下さい。

スポンサーリンク

別れ際未練を見せたなら半年から1年

「絶対に別れたくない!」「別れたら許さないから!」など、元彼の方はちゃんと話し合いって別れようとしてくれたのに、別れないからと意固地になり話がこじれてしまうと「こんなヤツだったのか」と元彼にドン引きされてしまうことがあります。

関係がマンネリしていたり、好きな気持ちが冷めた事で別れ話に発展しているのに、自分だけ別れないと言い張ってみても全く効果がないばかりか、なかなか別れてくれない苛立ちに気持ちも冷めてしまうなど、元彼に対して未練を見せる事はあまり良い結果をもらたしません。

本来なら、別れ際には未練を残さずさっさと別れる方が得策なのですが、こうなった場合まずは元彼との連絡を完全に絶ってから、別れの原因をしっかりと改善しておき、ほとぼりが冷めた半年から1年程度時間を取ってからメールで連絡を取り関係を深めて下さい。

元彼からフラれたのなら半年は我慢し復縁に備えるべし

付き合っているうちに心が離れてしまうことは誰にも責められない事ですが、価値観や性格の違いが原因で別れるなら、2・3ヶ月ではなかなか元通りの関係に戻るのは難しいです。

どんなに仲の良いカップルでも価値観や性格が違うのは当たり前ですし、そのズレを修正しつつ自分の意思を通していくのは至難の業のように感じるかもしれません。

ですがよく考えてみると、そのこだわりは自分の小さなプライドな事も多く、絶対にこうでなきゃ!という部分以外なら簡単に変えることができたりします。

自分を変える事ができ自分の欠点を反省し修正でき、半年~1年はじっくりと自分を磨きつつ時が来るのをじっと待って下さい。

ある程度時間を置けば元彼の気持ちお落ち着いているでしょうから、顔を合わせない時期にあなたが変わっていれば、新鮮なおどろきを感じ、元彼の気持ちも変わってきます。

浮気が原因なら1年以上は必要

浮気は付き合っている相手を傷付けますし、軽い気持ちでしてしまうだけに気づいた頃には恋人に嫌われてることになります。

相手に飽きて浮気するパターンもありますが、軽い気持ちで浮気をしただけに大事になるとは考えてもおらず、相手も後悔はしています。

自分が浮気されても元彼の事が好きな場合には、早く復縁したいでしょうが、元彼に軽く見られないためにも半年から1年間は連絡を絶つ必要があります。

もし自分が浮気をしてしまったのなら、相手が怒るのは当然の事ですが、しっかりとした反省をし浮気相手との関係を完全に清算してから、半年間は連絡を絶ちます。
復縁に向かうので復縁までには半年以上はどうしてもかかってしまう事は、しっかりと心得て復縁に当たって下さい。

むすび

突発的なケンカや相手側に遠距離やすれ違いが原因での別れの場合、比較的復縁もしやすいですが、元彼の方から別れようと言われたり、価値観や性格の違い、浮気をされた(した)、今までにないくらいの大きなケンカなどが原因の場合、復縁には時間がかかります。

復縁するには今までの事を反省し、自分の気持ちではなくあくまでも相手の気持ちになって考える事が重要になってきますので、元彼への連絡のタイミングを計って下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから