夫婦喧嘩になる4つの主な原因

スポンサーリンク

好き合って結婚したものの、恋人同士の頃にはそんなに多くなかった喧嘩の回数が増えてししまったことで、このまま夫婦で居続けられるの?と内心不安を抱えているご夫婦は多いかと思います。

恋人同士の頃は上手くいっていても、結婚し共同生活を営み始めてみたら上手くいかないなんて、幸せな結婚生活を夢見ていた頃には予想もできない事ですが、一体どんな事が原因で夫婦喧嘩に発展してしまうのでしょうか?

乱暴な口調

付き合っている頃はとっても優しくて、ちょっとした失敗も笑って済ませてくれていたのに、結婚した後、ちょっとした失敗でも「何やってんだよ!とろいんだよっ!」と激しく怒られるたりと、今までとは全く違う顔が見えてくることがあります。

付き合っている頃は相手に気に入られようという意識が働いているので、好きな彼女を手放さない為にも「素」の自分を見せませんが、結婚してから急に態度を急変させ、自分のストレスのはけ口として妻に当り散らしてしまう男性もいます。

いざ結婚してしまえば自分の「身内」になる訳ですし、そう簡単に離婚する人もいませんので、よほど慎重に結婚相手を選ぶ必要がありますが、こういったDV気質がある相手だけではなく、喧嘩になればどんな人でも大なり小なり乱暴な物言いになってしまうこともあるでしょう。

これは妻に対しての「甘え」からくることなのでしょうが、そんな暴言を受け続けていては夫婦関係を続けていくのは難しくなってしまいます。

普通の喧嘩の場合、乱暴な物言いをされても仲直りの際しっかりと反省しているかどうかも確認しておかないと、このまま暴言がエスカレーしていくかもしれませんので、喧嘩の際にはしっかりと見極めておきましょう。

お金に関する考え方が合わない

家庭を営んでいくためにはそれなりのお金が必要になってきますが、お金に関する考え方が合わないと、どうしても喧嘩が増えてしまいます。

結婚後、お金の管理は妻が行い夫はお小遣い制というご夫婦も多でしょうが、独身時代好きなように給料を使っていたような経済観念が薄い夫の場合、必ず喧嘩になります。

「今までのように趣味や飲み会にお金が使えない!妻がケチだからだ」とグチを言う夫に対し「稼ぎが少ないからでしょ?もっと稼いでよ」と反論するという水掛け論状態になると、夫婦喧嘩はなかなか収まりませんし、夫のプライドが傷つけられるため、しこりとなって残ってしまいます。

他にも、夫に相談なく数十万の買い物や美容系のローンを組んでしまう妻や、ギャンブル・キャバクラ・風俗にのめり込んでしまう依存症状態の配偶者がいると、家庭生活を営んでいくことができなくなります。

このような相手の無駄なお金の使い方も喧嘩の原因になりますが、子供の将来の事を考えて学資保険・個人年金をかける・かけないなど、子供の為の教育資金などでも喧嘩の原因にもなります。

自分が生まれ育った環境でも教育資金のかけ方に差が出てくるので、子供を作る前からしっかりと話し合いをしておき、将来設計を立てておくことをオススメします。

自分勝手の欲望や、お互いの将来の事でももめる原因になりますので、お金に関する考え方もしっかりとすり合わせておきましょう。

スポンサーリンク

片付けや料理などの家事への不満

夫婦共働きで子育てや家事をするのは、男性が思っているよりかなりの重労働ですが、夫の理解がなく「毎日掃除や洗濯できないの?」「料理が手抜きだし弁当も作ってくれない」と、妻に対して片付けや炊事・洗濯などの家事に対し、不満を抱え喧嘩の際、その不満がつい噴出してしまい、より夫婦喧嘩が悪化してしまうことがあります。

最近では夫婦共働き世帯が普通になってきていますが、よく言われるような「イクメン夫」でも、子供の送り迎えは行くけど炊事・洗濯・そうじは妻の仕事と思い込んでいる夫もいます。

専業主婦も一見ラクなように見えますが、自宅へいる分完璧な家事を求められるので、ある意味ハードルが上がってしまい、より厳しい目でみられてしまうこともありますが、これはキレイ好きや好みの味付けでないなど、自分の実家とつい比べてしまうことも喧嘩の要因になっています。

夫婦は一緒に暮らしながら家庭を築いていくものですので、不満を言うなら自ら実践してみる、一緒に家事をやってみるなど、お互いの意見の妥協点を見つけていくことも大切です。

家族一緒の時間が少ない

せっかくの休日なのに、夫や妻が自分の趣味や友人達との集まりばかりで夫婦の時間が少ないなど、家族で一緒に過ごす時間が少ないことも夫婦喧嘩の原因になっています。

夫側(妻側)の言い分としては、休みの日ぐらい自分の好きなようにしたい!という気持ちも理解できますが、普段子供との時間や夫婦一緒に過ごすヒマがないなら、趣味や友人達と遊ぶことよりも家族を優先するのは大人として当然の義務です。

家族とはいっても「他人」だからこそ、一緒の時間を過ごすことでコミュニケーションを密にする必要がありますので、家族なんだから~と甘えてしまわずに、できる限り一緒の時間を過ごすよう妻側が上手く夫を操縦していきましょう。

むすび

夫婦喧嘩は他人から見たら「そんな事で?」と思うような事で起こったり、なかには毎回同じ事が原因で喧嘩になる深刻なケースもあります。

自分ではただの喧嘩と思っていても、夫側は深刻にとらえているケースもありますので、喧嘩の原因はなるべく早く解消できるよう、喧嘩の度に話し合いをするよいうルールを決めておきましょう。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから