復縁メール例文

スポンサーリンク

復縁したいと思っても、一度別れた相手に連絡を取るというのはかなり勇気を必要とします。

電話に出てもらえるだけでもいい方で、何を話していいのかと戸惑った末あっさりと電話を切られてしまったら、もう電話をするきっかけすら失っていき自分の心も相手から離れてしまう事もあり、復縁のきっかけは慎重に選ばないといけません。

復縁のきっかけを作るなら何度も書き直しができるメールがベストなのですが、どのような内容のメールを送ればいいのかで迷ってしまったりと、復縁の足を引っ張ってしまいかねません。

元彼にウケの良いメールを出しておかないと、復縁したい気持ちにすることもできませんが、一体どのようなメールを出せば復縁に近づくことができるのでしょうか?

定番の「忘れ物」「借り物」メール

もはや復縁の定番メールと化している「忘れ物」「借り物」メールですが、別れてから数ヶ月しか経っていないならこの定番メールを送って様子を見るのもよいかと思います。

「あの時は本当にごめんね・・・」など、以前付き合っていた頃の事を思い出させるような発言をしたり「最近どうしてるの?もう彼女とかいるのかなぁ?」など、最近の恋愛事情を探るような発言をすると、まだ未練があるのか?もうあんな思いはごめんだ!とばかりに返信が来なくなる確率の方が高くなってしまいます。

変に反省してみせたり下世話に恋愛事情を探るよりも、

「久しぶり~元気?○○を置きっぱなしにしてると思うんだけど、まだあるかな?」

「○○を多分忘れてると思うんだよね。今度時間のある時受け取ってもいい?」

など、いきなり本題に入った方があっけらかんとしているので、元彼側も受け入れやすくなります。

忘れ物が処分されていようと「それなら着払いで送るから」というような対応で、結局元彼に直接会えなくても問題はなく、メールのやり取りをしたという「事実」が重要になってくるので、そう落ち込まなくても大丈夫です。

ただし「くつ下を返して欲しい」「マニキュア忘れてた」など、すぐに買い替えがきくような物ではあまりにも不自然なので、そこそこ値段の高い物にしておかないとかえって相手をイラつかせたり、不自然に思われてしまうので気をつけて下さい。

返事をしてもしつこくされないと理解してもらう

メール以前は付き合っていたし、仲良くメールのやり取りをしていたんだからきっと返事が来ると思っていても、元彼側は「返信したら復縁を迫られるかも?」という恐怖感や「しつこくメールされると面倒くさいな」という嫌悪感から返信を渋り、読まなかったことにしてしまいがちです。

元彼としては元カノからのメールに返信をするのは、自分にプラスになる事ではないですし、もう別れてしまった相手に悩まされることで「何で今さら元カノに悩まされなきゃいけないんだ!」という気持ちになり、逆に復縁から遠ざかることになります。

どうしても元彼と連絡を取りたいならば、メールの題名には「忘れ物の件」という風に元彼の気を引く文字を必ずタイトルに入れ、元彼の目をハッとさせ、思わず開きたくなるようなタイトルを付けて下さい。

「もう一緒にいたいとわがまま言わないから、これだけは伝えておきたかったの。今家に○○が好きだった○○があるんだけど、もし迷惑じゃなかったらもらってくれる?迷惑だったり嫌だったら返信はいいからね」

というメールを送って下さい。下心のない善意からくるメールなんだと感じられれば、元彼めの方からもメールの返信があるでしょうから、これをきっかけにしやり取りができるよういなれば、復縁へ一歩も二歩も近づくことができます。

ただし、元彼のそれほど好きな物ではない場合、思ったような反応は帰ってこない事が予測できるので、元彼の趣味に関するものや、熱狂的に好きな事柄に関するメールにするようにして下さい。

スポンサーリンク

付き合っていた頃の感謝の気持ちメールで復縁チャンスを掴もう

この手のメールは送ってしまったら最後、元彼からの返信が来なくなりそうと心配になってしまいますが、やり方次第では元彼の気持ちをグッと強くつかむことだって可能なのです。

元彼へ謝罪のメールを送りたい場合には、なぜ別れることになったのかの原因や反省・謝罪と元彼にしっかりと伝えなければいけません。

「今日は○○君にどうしてもこれだけは伝えておきたくてメールしました。

ひとりになって冷静に考えてみて、私がいかに○○君を振り回していたかようやく気付かされました。今では本当に反省しています。

付き合っていた頃の私は、○○君が自分の事を好きだからと、好かれている事に変な自信を持ちすぎていたゆえに、自分の事しか見えなくなっていました。

どんな風に接すれば○○がうれしいのか、信頼てくれるのか、幼稚な私にはそんな事すら満足に考えられませんでした。○○はとても私に良くしてくれていたのにね・・・

今さら何を言っても遅いけれど、ちゃんと謝ってからお別れしたかったのです。

最後にこのメールを読んでくれただけで、もう満足です。こんな私と付き合ってくれて本当にありがとう。身体に気をつけて下さいね。それは・・・」

上記は例文ですが、自分の悪かった部分を反省&謝罪し、感謝の言葉で締めくくると最後の部分で前向きさを感じさせるので、最後の文は必ず前向きな言葉で終わって下さい。

このメールを出してからは、自分の方からメールを出してはいけません。元彼の方から返信が来るのをじっと待ち続け、返信が来たらひとまず落ち着いた気持ちで内容を読み、返信には未練を感じさせない抑え気味かつ短文で返事を返していきます。

長文メールは読む相手を疲れさせるので、いつしか返事来なくなる恐れがありますので、あるべく短い内容にすると読みやすくなります。

むすび

復縁のきっかけにもなりやすいメールですが、あまりにもひんぱんに送りすぎると返事も来なくなりますし、未練タラタラなメールを元カノにもらってもリアクションに困るのは元彼の方です。

元彼を困らせぬよう、少しづつメールで距離を縮めていけるよう、なるべく明るい内容のメールを心がけて下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。