復縁しやすいメールのタイミング

スポンサーリンク

復縁したいと思ってはいるけれど、いつどんなタイミングで行動すればいい?最初がメールがいいとは思うけれど内容的にはどんなものがウケがいいの?など、今度失敗するともう無理かも・・・そう考えると余計にどうすればいいのかと考え込んでしまいます。

気軽にやり取りができるメールは、細かいニュアンスが伝わりにくいだけにタイミングや文章にも気を配りたいところですが、復縁メールを送るタイミングを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

ある程度時間を置いてからメールしよう

散々話し合ったりケンカ別れをした2・3日後に「やっぱり好き!また付き合おうよ」と元恋人から連絡がかかってきたら「あれだけモメて別れたのに何で?」と感じるかと思います。

復縁を考える上で自らに言い聞かせておきたいのは「復縁したいと思っているのは自分だけ」という事実です。

付き合っていたんだから、もしかしたら復縁できるかも?という甘い考えがあると、まず復縁はできません。

もしあなたの方が振られた側なら「何で振られたの?」「何がいけなかったの?」という混乱や恨みつらみ、悲しい気持ちにショックを引きずっているでしょうが、振った側も交際中に付いた傷や、元カノに対しての情もあり正直傷付いています。

もう付き合っていけないほどの気持ちが離れていると、正直言って当分は声も聞きたくない、気配も感じたくないと感じてしまう人もいるので、そんな時に「復縁しよ♪」なんて能天気なメールが来たら残っていた情すらも消え、着信拒否されかねません。

復縁メールを送る為にはまず下準備として、お互いの気持ちを落ち着ける時間が重要ですので、話し合いの結果穏便に別れているのなら連絡は1~3ヶ月ほど経った後、ケンカや険悪な雰囲気なまま別れたのなら半年~1年以上は連絡を完全に絶って下さいね。

メールを送る前に確実に別れた原因を見つけておく

元彼との連絡を完全に絶った後、復縁したい焦りや淋しさが胸の中で大きくなり、気持ち的にも落ち込んでしまうかと思います。

連絡を取らない間、日常生活をただ送るのではなく確実にやっておくべきなのは「過去の恋愛の見つめ直し」です。

破局には必ず原因がありますが、遠距離恋愛のように距離や時間・お金が原因で別れたカップルならまだしも、付き合っているうちに性格や価値観などが合わないことで、ケンカやすれ違いが多くなるとどうしても上手くいかなくなります。

元彼と付き合っている頃、自分の態度はどうだったか、ワガママや言いたい事も言い合えないような関係ではなかったかなど、自分が至らなかった所を改善しておかないと、復縁しても絶対に上手くはいきません。

復縁を目指す場合、元通りの関係に戻る事ばかりに固執しがちですが、復縁の大きなきっかけになるのは別れた原因が改善されているかにかかっている事がかなり大きいのです。

復縁はたった1回きりのチャンスでもあるので、もし元彼は復縁してもいいかな?と心が傾いた時、実は別れた原因が解消できていなかったと判ると「何も判っちゃいなかったんだな」と余計にがっかりされ、気持ちもしぼんでいきます。

メールのタイミングももちろん需要ですが、根本的な原因が解消されていない限り復縁は難しいので、連絡を経っている間は原因を改善させ、以前よりもステキな自分になる必要があります。

スポンサーリンク

最初のメールは行事やイベントきっかけ

しばらく連絡を絶った後、いよいよメールを送るわけですが、送るきっかけで気持ち的に一番楽なのは行事ごとやイベント事に関するメールです。

世の中には沢山の行事やメールがあふれていますが、特に送りやすいのは元彼の誕生日やクリスマス・お年始メールで、内容が考えやすいだけに復縁のきっかけにもなります。

誕生日なら「お誕生日おめでとう♪」と明るい感じでメールできますし、クリスマスならクリスマスにかこつけ「寒いから風邪引かないようにね」などいたわりのメールを出すことで、コミュニケーションも取りやすく、返信も来やすいです。

恋人同士や友達なら何も無くてもメールすることができますが、元恋人同士となるとなにかきっかけがないとそう簡単にメールすることができないので、イベントや行事にかこつけメールするのが良い方法です。

上記のようにしっかりと連絡を取らない時期を作り、原因を改善させておけばお互いの感情も冷静になっているでしょうし、行事・イベント事という時期なら相手も受け入れやすくなります。

メールの文章は長すぎると全部読んでもらえなかったり、後回しにされた結果返信してくれないなどの原因になるので、要点のみメールするのがベストです。

ただし元彼が仕事をしている時間帯や寝ているであろう時間帯に送っても「非常識な奴」とムッとされたりメール自体を忘れられる場合もあるので、仕事が終わり食事をしている時や寝る前の時間帯、ランチの時間などに送ると返信もきやすくなりますので、まずは時間帯を確認してからメールを送ってみて下さいね。

NGは過去の恋愛話

注意しておきたいのが、メールを送る際「まだ好きなの」「デートしたいな♪」というような未練が見え隠れするものです。

復縁したいんだから好きって伝えなきゃと思うかもしれませんが、相手に復縁したい願望があるかどうかも判らないのにグイグイ来られたとしても「また前みたいになったら面倒くさい」と感じ、彼の方も引いてしまいます。

男性は特に興味の無い事には積極的に動こうとしませんし、今付き合っているわけでもない元カノならなおさら動こうとません。ちょっと恋愛っぽい話が出ただけで警戒心を働かせ音信不通になることもあります。

不用意に「未練」を見せるのではなく、単純に友達のような文章にし1行程度の文字のやり取りを続けられるようになったら、復縁の糸口も見えてきますので、相手の負担にならないような内容・行数のメールを送る事を心がけて下さい。

むすび

どうしても復縁したい!そんな気持ちがあるのなら、自分の気持ちよりも相手の気持ちをまず第一に考え、勇気を出してまず最初のメールを出してみることをオススメします。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから