バレンタインを活用して元彼氏と復縁する方法

スポンサーリンク

バレンタインといえば、好きな男性に愛の告白する勇気を与えてくれる日でもありますが、何の前触れもなく元カノからチョコレートを渡され「やっぱりやり直したい」と言われても、以前付き合っていた関係だけに即OKしてくれるはずがありません。

元彼も私とやり直したいと思っているハズ!という自信があるなら別ですが、確実に元彼と復縁したいと考えているなら、バレンタイン前から復縁するために行動しないと思わぬ失敗を招いてしまうことになります。

単純にチョコを渡すだけでは復縁ができないのなら、どのような行動を取っていけばよいのでしょうか?

強引に連絡を取り続けない

復縁できない人の考え方は「私の事を忘れてしまうかも」「他の人と付き合ってしまうのでは?」という不安感から逃れられません。

自分をアピールすべく付き合っていた頃以上に連絡を取ってしまったり、今現在も付き合っているかのように振舞ってしまうと「失礼で常識のない女」と避けられるだけでなく、嫌悪感が増していきます。

一方復縁できる人はまず元彼の気持ちを重視するので、今自分の存在を感じたくないだろうから、お互いの辛い気持ちが冷めるまでそっとしておける「優しさ」を持っています。

好きだから元彼の声が聞きたい、メールでいいからつながりたいと思うでしょうが、復縁の第一歩は相手の気持ちを思いやれるかどうかにかかっていますので、しつこく連絡するのではなく、終わった恋愛から立ち直る時間を元彼に与える事も必要なのです。

しばらく時間を置き、穏便な別れ方をしたなら1~3ヶ月、険悪な別れなら6~1年以上は連絡を絶つくらいの気持ちで復縁に挑んで下さい。

連絡を再開させたのならメールは週1ではなく月1~2回程度にして迷惑だと思われない程度に留めた方が復縁に近づけます。

まずは友人にまで関係を戻してからが勝負

自分に置き換えてみると分ると思いますが、自分の誕生日当日に「誕生日だからプレゼントを渡したい」というメールが元彼から突然来たらどう思うでしょうか。

別れた相手からプレゼントをもらうというのは案外ハードルが高く「受け取ってしまったら復縁を迫られるのでは?」「相手を勘違いさせてしまうかも・・・」という難しい気持ちにさせられます。

なかには「プレゼントもらえてラッキー♪」で済ませてしまうかもしれませんが、軽い気持ちでもらってしまうと良心の呵責(かしゃく)に絶えられなくなるのが関の山です。

男性だって同じ事で、愛の告白をする日であるバレンタインに元カノからチョコを差し出されたら、受け取るか受け取らないか相当悩みますし、下手をしたらバレンタインをきっかけにメールも電話も出てくれなくなるかもしれません。

そうならない為には事前の関係作りがかなり重要で、上記のような連絡を絶つ期間を取ったのち気軽に連絡を取り合える「友人関係」にまでなっておかないと、チョコを受け取ってもらうどころか連絡すら取れない事も考えられます。

バレンタインだしきっと受け取ってもらえる♪と思っていても、もうすでに「過去の女」になった時点で復縁を恐れ相手にされないかも?という点を考慮しても、友人まで関係を戻しておけば告白のチャンスも見計らえますし、もし無理そうな場合でも「友人として」の義理チョコでもいいから手渡す事が可能です。

スポンサーリンク

手作りチョコより既製品と軽いプレゼントにすべし

好きな人に贈るなら断然手作りと張り切ってしまう人もいるでしょうが、もうすでに彼女ではなく「元カノ」になった立場なら手作りチョコよりも既製品を用意した方が安全です。

両思いなら手作りが喜ばれるでしょうが、元カノとなると逆に気持ちが重いですし、復縁に向けての本気の気持ちがきっぱりとした拒絶につながっていきます。

バレンタインなんだから本気の気持ちを伝えたい!と思うでしょうが、もらう相手にとって同じくらい好きな気持ちが無いなら、単なる「重い女」でしかありません。

復縁に向けて動いているのにどうして?と思うでしょうが、重いチョコならもらわない方がマシと思う男性も多いので、あくまでも友人からの親愛の気持ちを込めたチョコ、もしくは義理チョコとして渡した方がすんなりと受け取ってもらえますし、少しでも差別化を計りたいなら、チョコ以外にもハンカチや靴下などいくつあっても困らない物をプラスするといいかと思います。

バレンタインだからチョコを渡しているのに、本命扱いできないのは悲しいですが、これも彼に受け取ってもらいやすくするための作戦ですし、さりげなく渡すことで気負いなく受け取ってもらう事がメインな訳ですから、とりあえず目的は果たせたと前向きに考えて下さい。

男性にとって義理でもバレンタインのチョコは特別なものですし、これを機にお返しを渡すために会うきっかけを作ることができます。チョコを受け取った時点であなたに対して嫌な気持ちが無い事の証明ですので、これを機会に元彼との関係を深めていきましょうね。

バレンタインは単なるきっかけにすぎない

バレンタインに告白して復縁できるならそれに越した事はありませんが、それはあくまで付き合う前の事で、すでに別れてしまった関係なら元彼との関係を修復していない限り、恋愛の象徴であるチョコを受け取ってはくれないでしょう。

バレンタインにチョコを渡すのはあくまで復縁への過程で、元彼の気持ちを引き寄せる演出として冷静に受け止めた方が気持的にも楽になります。

むすび

バレンタインだし告白したら受け入れてくれるかも♪というポジティブな思考も良いかとは思いますが、相手の気持ちを無視たまま復縁を迫ったとしても、到底受け入れられるはずもありません。

復縁には「思いやり」と「忍耐力」が必要不可欠ですので、自分の好きな気持ちだけで大暴走しないように気持ちを常に冷静に保ちながら、復縁を目指して下さい。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です