仕事で忙しい彼氏とよりを戻すための4つの方法

スポンサーリンク

「今は仕事の方を優先させたいから別れよう」仕事が何よりも大切な彼氏なら、仕事が忙しくなったり重要な仕事を任されるようになると、つい彼女の事を忘れがちになることもあり、自分の方から別れを切り出すことがあります。

彼の事が好きな彼女からしたら寝耳に水ですが、忙しいからって別れる事ないじゃない!と抵抗してみても、彼の意思を止めることは難しいですし「他に女がいるの?」と疑心暗示になり泥沼な愛憎劇になる事もまれではありません。

一度は別れてしまったものの、やっぱり気持ちをあきらめられない元彼と復縁するにはどうしたらよいのでしょうか?

男性にとっての仕事への気持ちを理解しよう

「何で仕事が忙しいからって別れなきゃいけないの?」彼から別れを切り出された時、彼にもそう言ったでしょうし、別れた後も割り切れない気持ちでモヤモヤしたままだと思います。

これは男女によって「仕事への考え方」や「性質」が全く異なる事が原因なのです。

女性は仕事や家事・育児などの複数の仕事をこなし事が当たり前という考え方が、本人や周囲にも浸透していますし、今までの積み重ねで培った経験や思考からも、そつなくこなすことに慣れています。

ところが男性は仕事なら仕事、恋愛なら恋愛に夢中になるなど、複数の事を同時進行させることを苦手としているので、今現在仕事をがむしゃらに頑張っている中、彼女の事まで考えている心の余裕を持てなくなっていき、傷付け合う前に別れようと思うようになります。

恋愛のゴタゴタが仕事に直結して影響が出てしまう事が、自分でも十分に分っているため、彼は別れを切り出し恋愛を清算したのだと推察されます。

しかも仕事熱心な男性の多くは出世競争にもまれているので、ちょっとしたミスが命取りになる事も考えられ、そうなると分ると自然と恋愛とは距離を置きたくなるのです。

そんな気持ちを理解せず「別れたくない」とすがってしまうと「オレの足手まといになる相手」と感じ、嫌悪感が増していきます。

男性と女性では考え方が異なるので、自分目線で文句を言うのではなく、彼にとって仕事とは?という観点から、見つめ直すことがら始めて下さい。

過去の自分の発言や過ちを謝罪しよう

仕事命な元彼と復縁するなら、まずは過去自分が元彼に対して「仕事ばっかり。私の事もかまってよ」と彼を困らせたり、仕事が原因でデートできなくなるとブスッとしてしまうなど、彼の仕事への気持ちを理解できなかった自分を恥じ、今では彼が仕事を頑張れるよう影ながら応援していることをメールで伝えて下さい。

だからといって「まだあなたの事が好きだけど」などの未練をのぞかせてしまうと「また邪魔されてしまう」という防衛反応が働き、返信や連絡すらの拒否される場合もありますので、好きな気持ちや未練は見せないように気をつけ、未練を見せぬよう慎重にメールのやり取りを続けて下さい。

スポンサーリンク

彼の事ばかり考えすぎるのは復縁の邪魔になる

片思いや付き合っている時なら彼の事を考えたり、彼中心の生活を送ってしまうのも悪くないでしょうが、そんな気持ちを悶々と抱えていると思わず彼に連絡し、彼から冷たくあしらわれてしまうことになります。

男性には仕事において「今が踏ん張り時」という時期がありますし、あなたとの恋愛を絶ってまで仕事に頑張っているのですから、あなたの方が邪魔していては復縁できるはずがありません。

ここは一旦彼を好きな気持ちを封印し、自分の好きなことや仕事・趣味に熱中してみて下さい。

これから彼との復縁を望む場合、今のような状態にこれからも遭遇する事だって考えられますので、自分のせつない気持ちを発散させるには、自分を磨く事で精神的な強さを身に付けていくしかありません。

彼が一生懸命に頑張っているなら、私も彼の事を応援しつつ自分も頑張る!という強い気持ちがないと復縁しても続けていくのは難しくなります。

彼の決断を否定せずむしろ応援する

仕事が忙しい彼氏との別れは、なにも悪い事ばかりではありません。

彼が別れたがっている理由は「仕事が忙しい事」なのですから、彼は少なくともあなたの事を嫌ってはいないのでしょうし、むしろ出世し給料をUPさせ男としての自信を付けてから、あなたと同じように復縁を望んでいるのかもしれないのです。

「別れてもあなたの事応援してるから」「あなたの決断は正しい。そのまま自分の力を信じて」と応援してくれる女性の事を嫌いになる男性はほぼいません。

自分が一方的に言い出した「別れ」というワガママを理解し見守ってくれる女性がいることで、彼自信の気持も強くなりますし、離れていても信頼関係は以前よりも強くなっていきます。

信頼関係が築けているなら、彼の方からグチをこぼしたり自分の弱い部分をさらけ出したとしても決して飽きれることなく話を聞いてくれる女性であれば「この子とまた付き合いたい」と再び帰って来たいという気持ちになってくれるはずです。

むすび

男女によっての考え方の差もありますが、男性にとって仕事は特別なもの。

仕事よりも自分を大切にして欲しい・・・という気持ちも理解できますが、彼の人間性や人生経験を高める上でも時として別れを選択せざるを得ない状態だってあります。

心の中では泣いていても「お仕事頑張ってね」と背中を押してあげられるくらいの大きな心の女性になれるよう、彼の邪魔をする言動はせず影ながら応援し、来るべき時には向かえに来てくれるような女性に自らも仕上げておく事をオススメします。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です