「好きなのかわからない」と言われ別れた時に復縁する4つの方法

スポンサーリンク

自分の方は恋人の事が大好きなのに「好きかどうかわからない」と言われてしまうと、本当は他に好きな相手がいる?自分の事を嫌いになった?と疑ってしまいそうになりますが、こういった事は恋愛には珍しくもありません。

自分が今でも恋人の事を好きなのかわからないと感じる一番の理由は、ふたりの間に「倦怠期」が訪れていたからと考えられます。

自分の気持ちが見えなくなった事で「もう好きじゃない」と勘違いしているのなら、復縁できる可能性は大いに残されています。

そんな倦怠期に突入し別れた場合には、どのような方法があるのかをご紹介していきます。

連絡しない時期を作ることでお互いの良さを再確認

好きなのかわからないと言われ別れたのに、会わない時期を作れと言われても納得できないかと思いますが、あえて自分の存在を感じさせない事で自分の存在をアピールできます。

付き合い初めの3ヶ月は相手とデートしたり話をするだけで、気持ちははずみ自然と「恋人の事が好きなんだ♪」と実感できますが、一緒にいる時間が長くなると恋人といる新鮮味も薄れ、今まで感じていた胸のときめきも感じなくなり、好きなんだという実感が湧きにくくなります。

そうなると「もう好きなのか分らない」と思い込んでしまうのでしょうが、恋人といて嫌じゃないけどドキドキもしないというのは裏を返せば「気持ちが安定している」証なのです。

好きな気持ちのみで付き合い続けられる年数は長くても1~3年が限度ですから、どんなカップルでも、好きなのか分らなくなる事が数ヶ月~数年おきに訪れているので、現状を乗り越えみごと復縁できたとしたら、倦怠期が来ても上手に乗り越えられます。

一旦別れてしまった場合でも、倦怠期からくるマンネリが原因で別れたのなら心の底から嫌われてはいませんし、全く連絡しない時期を作る事で、より元恋人の良さを思い出せるようになります。

いきなり連絡を絶つのではなく「友達として仲良くしたいけど、しばらくはお互いに気まずいだろうから」と相手には伝えておき、1ヶ月程度時間を置いてから、また少しづつ連絡していく事をオススメします。

相手にとって魅力的な自分になる

恋愛と外見は関係ないとは決して言い切れませんし、どうせ付き合うならステキな人と付きあいたいと思うのが一般的ですから、元恋人との復縁を目指すなら、外見&内面を一緒に磨いておけば元恋人も変化に気付いてくれます。

人によっては「好きな相手の為に自分を変えるなんて」と」意固地になる方もいますが、以前の自分とは違うファッションになることで、別れた後の傷付いた気持ちも紛らわせる等新たな自分の魅力に気付くチャンスにもなりますし、何といっても今までのイメージを一新する事で、相手の心をひきつけることができます。

まず一番簡単にイメチェンできる外見(ファッション・メイク等)からチャレンジしたのち、自分から見ても悪いなと感じる欠点を直し、仕事や趣味など自分を成長できる事柄に打ち込んでいけば、おのずと内面を磨くこともできます。

ここでしっかりと内面&外見を磨いておけば「逃した魚は大きかった」と相手に印象付ければ、より復縁にも効果的です。

スポンサーリンク

元恋人と同じ趣味にチャレンジしてみよう

別れた後は、付き合っていた頃のように連絡することもなくなるでしょうし、別れてからの友達付き合いをしていても、せいぜい週に1~2回、下手をしたら数ヶ月に何度か連絡す程度の関係にまで疎遠になり、いつの間にかお互いの気持ちが冷めてしまうこともあります。

ある程度時間を取った後は、元恋人の趣味や好きな事にハマッてみて下さい。

元々付き合っていた間柄ならどんな趣味だったか、何が好きだったのか十分にしっていると思いますので、その中から少しでも自分の興味のあるものにチャレンジしてみれば、趣味を通じて連絡を取るようになったり、わからない事を聞いたりできるので、付き合っていた頃よりも会話がはずむようになります。

どうしても趣味が合わない場合もありますが、どうしても復縁したいと思うなら、自分から歩み寄らないとまず復縁はできませんので、まずはチャレンジしてみる事をオススメします。

好きな気持ちを見せず、そばにいよう

元々付き合っていた関係なだけに付き合っていた頃のように振舞ったり、自分がいないと心配だと言わんばかりに余計なお世話を焼いていしまうと、元恋人に「重い」「面倒くさいヤツ」と敬遠されるようになります。

好きな気持ちは判りますが、相手にその気が無いなら好きな気持ちはかえって負担になりますし、自分の事を想い続けている相手のそばに居続けようとはあまり思いません。

好きな気持ちを隠さないままでいると、良い人なら自らあなたの事を遠ざけようとしますが、胸に一物(いちもつ)ある人ならば恋愛感情を利用して「都合のいい相手」にされてしまう場合もあります。

好きな気持ちを隠しつつ、元恋人の事を一番理解できる親友としてそばにい続ければ、あなたの大切さに気付いた頃には一気に復縁したい気持ちにかたむいていきます。

むすび

付き合っている関係でも、あまりにも一緒にい過ぎるといつの間にか自分や相手の気持ちすらよく判らなくなっていきます。

あまり元恋人に執着しすぎると周囲が見えなくなり、かえって復縁の妨げにもなりますので、自分の事も大切にしつつ相手の事も考えていけるようになれば、復縁へのきざしも見えてきます。

焦らずじっくり復縁に向き合いつつ、自分の生活も充実させていきましょうね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから