友達にしか見れないと言われ別れた恋人と復縁する方法

スポンサーリンク

「友達にしか見れないから別れよう」と恋人から言われたとしても、そう簡単に受け入れられないでしょうし、別れた後はもしかしたら連絡すら取れなくなるのでは?という不安も感じることと思います。

ですが「友達にしか見れない」という事は、あなたの人間性を嫌いになったのではなく、もっと他の部分に原因があったと見るべきなのでしょうから、復縁するためにはどの部分を改善させれば良いのかアドバイスしていきますので、参考にされて下さい。

別れたからには恋人感覚を捨て去る

相手から「友達にしか見れない」と言われ別れたものの、自分の方はまだ未練が残っているのは当たり前の事ではあります。

別れたけれど今までの絆を失いたくない、何でもいいからつながっていたいからと、別れた後も付き合っていた頃のように連絡を取りたがったり、余計な世話を焼きたがるなどの「恋人気取り」を繰り返していると、途端に友達にもなりたくない存在に格下げされます。

付き合った結果、友達にしか見えなくなったり、付き合いだした当初から友達としか思えていなかったのでしょうから、元恋人のそばにまとわりついて「恋人気分」で接したとしても、復縁できるはずがないのです。

どんな関係でもいからとにかくつながっていたいという意識は捨て、現実をしっかり見つめて下さい。

中途半端に連絡を取ろうとしない

復縁を目指しているなら、まずは元恋人に連絡を取りアプローチしないといけないと思い込み「食事に行こうよ」「今度○○に行こう」「遊びに行っていい?」と相手を落とすためにグイグイ近寄ってしまうのは、はっきり言って逆効果でしかありません。

友達にしか見えないというからには、あなたからの誘いに乗ってくれるかもしれませんが、相手はもうすでに「恋愛対象」としてあなたの事を見ていないのですから、今までと同じような事を繰り返していても恋愛感情は生まれないでしょうし、別れた相手に対しメールや電話には出てもデートのような誘いにはそう乗ってくれません。

ここであなたが実践すべきなのはメールを出すなど、中途半端に連絡を取ることではなく、逆に連絡を絶ってしまう事が大切なのです。

連絡を絶つ事は不安でしょうし、このまま忘れ去られてそいまうのでは?という恐怖心もあるでしょうが、復縁したいのなら自分の気持ちを押し付け「自分を見て!」とゴリ押しするのではなく、ひとまず身を引き自分の存在を元恋人の周囲から消し去らないと復縁は遠のいていきます。

たとえ友達にしか見えないと振ったとしても、別れた事で相手も傷付いていますし振った相手が別れた後も周囲にいたら、罪悪感から避けられるようになりかねません。

復縁したいなら別れた後はしばらく距離を置き、メールや電話、SNSに至るまで連絡をせず、ある程度時間を置いてから連絡してみて下さい。

ただし何も言わずに連絡を絶ってしまうのではなく「お互いに気まずいと思うからしばらく連絡しない」と告げてから連絡を絶つ事をおススメします。

スポンサーリンク

相手からのお誘いには乗らない

元恋人と別れたものの、会いたいな~と思っていた所「ちょっと会わない?」という連絡が来たら、好きな気持ちを抑えきれずに出かけてしまうかと思います。

気持ちは痛いほど分りますが、ここで相手のお誘いに乗ってしまうとズルズルとあいまいな関係に成り果ててしまう上「都合の良い相手」と見なされると、復縁はより一層難しくなります。

復縁を望むなら相手からのお誘いには乗らず、会う時は昼間のカフェやレストランで会う、共通の友達となら遊びや飲み会にも参加するなど、ふたりっきりで会う事は避けた方が中途半端な関係になる原因を避けられます。

自分の魅力を最大限に引き出そう

当初はあなたの事を好きで付き合いだしたのでしょうが、付き合っているうちに友達としか思えなくなったり、元々友達だった相手に告白し付き合うようになった場合、恋人というより「友達」としての感覚が抜け切れない事の他に大きな要因がある場合があります。

恋人ができると相手を楽しませたい・喜ばせたいと感じるので、最初のうちはせっせと努力しますが、仕事が忙しくなるなど恋愛以外の事に時間を取られるようになると、恋愛に労力を使う事が辛くなっていきます。

恋愛にエネルギーを使いすぎてしまうより、友達の方が気楽だと感じるようになったり、あまりにも一緒に居すぎたせいでかえって異性としての魅力が分らなくなるなど、異性として感じられないというのは、恋愛において大きな致命傷と鳴って立ちふさがります。

この状況を打破するには、自分の事を異性として意識してもらうしかありません。

幸いな事に異性として嫌われてはいないのでしょうから、まずは「友達」として元恋人としてそばにいて、友達としての楽しい時間を過ごしてみて下さい。

異性として意識して欲しい場合、服装やメイクを変えてみたり定番デートコースに出かけるのがいいように感じますが、変にやりすぎてしまうと「重たい人」扱いされ、避けられる原因にもなってきます。

友達同士で行くような場所で遊んだり、相談事を持ちかけられたら一緒に悩むなど、普通の友達がしてくれるような事を積み重ね、楽しく居心地の良い時間を積み重ねていくことで、優しさを感じ取るようになると「この人ともっと一緒にいたい」と思うようになり、再び恋愛感情を抱かせるきっかけになります。

むすび

友達にしか見えないと言われてしまうと、自分に異性としての魅力が無い?と落ち込んでしまうかもしれませんが、あまりにも長く居すぎたり、友達から恋愛に発展した場合このように「友達感覚」が抜け切れず別れてしまう事があります。

少なくとも嫌われてはいないのですから、ひとまず相手が望むように友達としてそばにいるようにして、自分の内面も外見も磨きつつ再び恋愛チャンスが訪れるのを待ってみて下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから