メールで振られ、別れた恋人と復縁する方法

スポンサーリンク

自分では上手くいっている、何となく最近ギクシャクしてるなと思っていた矢先、メールでいきなり「もう別れたい」と振られてしまった時、多少何となく来られる予感がしていた人でさえショックを隠しきれないかと思います。

だからといって落ち込んでいたばかりでは何も始まらないのなら、ある程度落ち込んだらすぐ復縁に向かって行動を起こすべきですが、メールひとつで振られた恋人と復縁するとしたらどういう方法があるのでしょうか?

メールで感謝の言葉を伝えよう

メールひとつで振られたとなると「別れたくない」とすがりついてしまうでしょうし「何で別れたいのか」と理由を聞き出したくなります。

そうなるとメールや電話をかけ自分の今の感情をぶつけてしまいたくなりますし、パニックになり相手の事をののしってしまうでしょうがそれが普通の感情です。

ですが恋人としては自分の方が別れを切り出したという「罪悪感」があるので、何度も連絡してこられたりするとますます罪悪感が増し、追い詰めてくる相手の事が嫌いになってしまうのです。

もう復縁する気が無いならそれでもいいですが、復縁したいのならここはグッと気持ちをこらえ自分からの連絡はせず、引き下がらないといけません。

恋人だって色々悩んだ末に別れを切り出しているのでしょうから、ここで追いつめすぎるとメールや電話・LINE等の連絡ツールからブロックされてしまいます。

今すぐに「今まで本当にごめん」「あなたの事を支えきれなくてごめん」「今まで付き合ってくれてありがとう。楽しかった」と謝罪と楽しかった思い出話・心からの感謝をこめた内容のメールを送り、相手の事は責めず自分の事だけを責めるメール謝罪メールを送った後は、電話・SNSに至るまで一切の連絡を絶ち、沈黙を守って下さい。

そうする事で、相手が今感じている罪悪感や恋愛に対する嫌悪感を時間が解決してくれますので、今は我慢して沈黙を守る事をオススメします。

自分からは決して連絡せず時間を置こう

メールでの別れ話の末、泣く泣く別れた後はつい元恋人の声を聞きたくなったり、メールでもいいからつながっていたいと思ってしまいますが、上記でも書いた通りあなたに対してこれ以上悪い印象を残したくないなら、しばらく相手との連絡は絶ち、時間を置くしかありません。

別れた相手からの連絡というのは、穏便な形で別れている時が別として、わだかまりが残ったままの別れの場合、メールひとつ来ただけで気持ちがドキッとしますし、どんな事が書かれているのか知りたくない、見たくもないと感悪寒を育ててしまうだけなのでよくありません。

人は記憶を忘れる事で新しい記憶を蓄積できるように出来ているので、時間が経てば元恋人と別れた当初の感情も忘れていきます。

自分と付き合った頃の記憶や時間・絆まで忘れられそうで怖い・・・そう思うかもしれませんが、ある意味過去での記憶をリセットしてくれた方が復縁にも進みやすくなるので、とりあえず自分の方からは連絡せず「時が来る」のを待つしかありません。

メールで振られた後、あっさりと穏便に別れていたら3ヶ月~半年程度、大ゲンカや相手に執着したメールや電話を何度も送ってしまった場合には半年~1年以上の時間を置かないと、別れた時の嫌悪感は消し去る事はできません。

ただし元恋人の方から連絡してきたり、SNSから友達申請が来た場合、着信拒否やブロックをしないで下さい。

相手が友達になろうと言い出したら、内心嫌でも聞き入れなければいけませんし、偶然出会う機会があり声をかけられても避けることなく話をしても良いですが、自ら連絡するのはタブーです。

4549niojn

スポンサーリンク

メールで振られたのならメールで復縁行動を開始すべし

恋愛のマナーとして別れ話は会って話すのが通常ですが、メールで別れ話をされたのならば、あなたに対して罪悪感があったり後ろめたい感情があったり、元々気が弱くメールでないと別れ話を切り出せない等の面があったのでしょうから、あなたからのアプローチもメールでした方が効果的です。

ですがいきなりメールで「まだ恋人いないよね?また付き合おうよ」など、メールを送りつけたかと思ったら復縁をせがむようなメールを送ってみても、まず受け入れてもらえません。

「メール=復縁」ではなくメールはあくまで元恋人との関係を修復するためのツールにしかすぎません。メールのやりとりができるようになったら即告白なのではなく、相手の心から警戒心を解き好感度を上げていく事が重要です。

ある程度時間を置いた後、最初は当たり障りのない「最近寒いけど元気?」といった風な短い内容のメールのやり取りを続け、警戒心が薄くなった頃「○○よく行ってたよね、オススメのメニューってある?」というように、元彼が得意そうな質問を投げかけてみます。

さらにやり取りが続いた頃、自分の悩みや相手の悩みを聞いていき、共感する心を植え付けていきます。メールのやり取りをしていくうちに、気まずさがなくなり親しみが湧いてきて「友達」といっていいほどの関係になっていきます。

友達ではなく恋人に戻りたいと思うでしょうが、少しでも未練を覗かせたら相手は過去の恋愛を思い出し、嫌な記憶をよみがえらせてしまうかもしれません。まずは元恋人のそばにいれる事を第一の目標にし、復縁チャンスを待って下さいね。

メールのやり取りがスムーズにできるような関係になれば、会話をするような自然な形でやり取りする習慣がつき、元恋人に自分の事を考える時間が増えていけば、復縁にも近づけます。

むすび

復縁したい相手が電話をしたり直接会いたがらないのなら、相手の意思に従うしかありませんから、メールは復縁において大きな武器として利用しできますし、送信前に何度も読み直し確認する事ができるので、電話口で感情的になる事を避ける事ができます。

文書を書くのが苦手でも、短文のやり取りなら簡単にできますので、、まずはチャレンジしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です