クリスマスをきっかけに別れた恋人とよりを戻す方法

スポンサーリンク

恋人同士の大きなイベント事といえばクリスマスですが、そんな大きなイベント事までには元恋人と復縁したいと思っていても、相手を怒らせたり面倒くさいと思われたらどうしよう・・・そんな不安や恐怖心があるとなかなか行動に移すことができません。

クリスマスは1年のなかでも復縁する絶好のチャンスですので、この機会を逃さない手はありません。

ですがクリスマス前に復縁したいなら、それなりの下準備をこなしておく必要がありますのでどうしてもクリスマス前に復縁したいなら、ぜひ参考にして下さいね。

まず冷静な気持ちを取り戻し心に余裕を

復縁したいのならまず相手に連絡しないと!と思うでしょうが、復縁したい、いち早く恋人同士に戻りたいと思い「今何してるの?会いたいの」と未練を簡単に見せてしまうと、復縁する気がない元恋人としては「面倒な事になるのはまっぴら」と返信が来ないばかりか着信拒否されかねません。

まず、自分が「復縁したい!」と強く思いすぎてしまうと自分の気持ちしか見えなくなり、相手の都合なんておかまいなしにメールを送ってみたり、友達をも巻き込んで復縁計画を立てたりと、とにかく自己中心的な考えの元復縁計画を立ててしまいがちです。

片思いはひとりでもできますが、彼氏&彼女となると相手の意思も尊重されないといけないのですが、好きすぎると冷静な判断ができなくなり、時として相手を傷付けてしまうことにもなりかねません。

別れた事に対して後悔があるのなら、まずは復縁の為に行動する度に「今の自分は冷静な判断ができているか」を「自分の心の中に余裕があるか」を確認していくくらいの慎重さが必要です。

別れた原因を理解し解消させる

付き合っていた期間が短い場合の別れの理由は性格や価値観の不一致が多く、何年も付き合った末に別れてしまったのなら、お互いの距離感がつかめなくなり倦怠期やマンネリ関係になったからの結果な事が多いようです。

その他別れの理由は人それぞれありますが、別れの原因が解消されていないのなら復縁はまず難しいでしょうし、相手の方に別れた原因があったとしても、付き合っていたからこそ知っている欠点が改善されていないと、再びあなたに興味を持ってくれません。

単なる性格の不一致が理由で別れるカップルは多いですが、実際にはお互いのワガママや無意味なプライドが邪魔をしている一面もあります。

考え方や性格の違いはどうしても妥協できないのなら仕方ありませんが、一緒にいる為には譲れる部分は譲り合うようにしないと、変に言いなりになってしまうと「この人は自分のいいなりになる人」といった風な変な上下関係が付いてしまい、好きなはずなのに一緒にいるだけで息が詰まるような関係に成り果ててしまいます。

自分に別れた原因があった場合、みずからの欠点を見つめ直すのは精神的にも落ち込む作業ではありますが、自分にプラスになる事にもなるのでしっかりと自分を見つめ直して下さいね。

スポンサーリンク

イメチェンでイメージを変化させる

元々付き合っていた関係上、相手はある程度あなたの事を知っている状態です。そんな状態のなか「もう一度好きになってもらう」には、髪型や服装をちょっと変えたくらいでは目を引くことはできません。

人は中身が大切とは言っても、一番最初に目がいくのはやはり外見です。外見を変える事で興味を引き付けていけば「もしかして別れて失敗したかも?」と思ってもらえるようになれば、復縁にも一歩近づけます。

今までのファッション系統を全部変えてみたり、髪型もガラリと変化させれば全くの別人に見えてきますし、相手好みのファッションや髪型にして気を引いていく事も大切です。

いきなりの告白はNG!少しづつ距離を縮めていこう

クリスマス前に復縁したいと思いつめてしまうと、突然メールや電話で連絡して「今でも好きなの」「一緒にいたい」といきなり出だされたとしても「何言ってるんだ?」と正直言ってドン引きされます。

クリスマスまでには!という気持ちがありすぎると、そういった極端な行動に出てしまうようになるので、元恋人との信頼関係を回復させる為に、まずはメールのやり取りを通じて関係を深めて下さい。

別れてから数ヶ月以上時間が経っているなら「最近寒いけど風邪引いてない?」「前に言ってた○○の場所教えて欲しいんだけど」など、相手を気遣ったり相手の知識に頼る内容のメールを送り、返信率が増え違和感なくやり取りができるようにならないと、信頼関係どころか警戒心の方が大きくなります。

ある程度やり取りができるようになったら、自分の悩みを相談し、弱いところをあえてさらすことでより信頼関係が深まっていきます。

元恋人からのメールというのは「もしかしてまた付き合いたいとか?」「泣かれると面倒」という警戒心が真っ先に湧いてくるものですから、最初は当たり障りのないメールで「もう未練がなくただ友達としてやり取りしたい」という意志を相手に見せていくことで、自然と警戒心も薄れますし以前に比べ接し方も性格も変わり、別れた原因も解消されていたなら好意か好感度もUPします。

ただし、最初から長い文章のメールを送ってしまうと、読むのが面倒だと思われると返信が来ない場合もありますし、過去の恋愛の謝罪したり、馴れ馴れしすぎたり自分の事なかりの文章、返信しにくい内容などは送らないように注意した方が無難です。相手の趣味をからめた内容にする等、興味を引くような文章にするよう心がけて下さい。

むすび

クリスマスは1年の中でも恋人同士にとって特別な日ですが、人の気持ちはそう簡単に変わらないので復縁したいのなら、なるべく早く復縁計画を練り実行することをオススメします。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから