元彼のFacebookの更新や交流が気になるときの対処法4つ

スポンサーリンク

Facebookは実名での登録が基本なので、もう何年も会う事のなかった同級生や友達から友達申請が来たり、同じ趣味の人から質問メッセージが届くなど交友関係が広がるきっかけにもなっています。

ここでやっかいなのが、元彼とFacebookでつながっていたり、元彼の名前をネット検索してページを見つけてしまった場合です。

「今日は何してたのかな?」「もしかしてもう彼女がいるの?」とつい見てしまうといった風に、のぞく事でますます元彼への未練が大きくなり、新しい恋にも踏み出しにくいという悪循環にどっぷりハマり込んでしまい、自分の行動で自分を傷付けることになります。

毎日ついチェックしてしまう自分に自己嫌悪を感じたなら、まずは対処方法を試してみて下さいね。

Facebookから離れる

一番簡単な方法としてはFacebookから離れてしまう事です。

元彼の更新や交流がつい気になってしまうなら、自分をFacebookから切り離してしまうのが一番です。

元々友達申請していてつながっていたり、つい元彼の名前を検索した結果Facebookにたどり着くと、友達申請はせずともつい毎回チェックする習慣が付くなど投稿された写真を見ては気持ちをざわつかせ続けていると、見るたびに自分の気持ちを傷付けることになります。

どんな形であれ、元彼の姿や言葉を見れて幸せ♪と感じていても、付き合っている頃なら「いいね」やコメントも残せますが、別れた後となるとただ元彼の言動を見てるだけで、自分が見ていることすらも知らせるのをためらってしまいます。

「私と別れた事、後悔してるのかも?」というわずかな希望があるとつい見てしまいますが、元彼側としては元カノに見せる為に更新している訳ではないので、女友達や新しい彼女と写っている写真でも見つけてしまったら、数日は立ち直れなくなったりと、ロクなことはありません。

自分に関する事が書かれていなくても、見られるだけで幸せと無理に思い込んでいても、むなしさがつのっていくと自分を傷付けるだけなので、早々にFacebookから離れた方が良さそうです。

いろんな人に4友達申請をしてタイムラインをにぎやかにする

あなたの方もアカウントを持っているのなら、付き合っていた頃元彼にも友達申請していたのなら、自分のタイムラインにも元彼の投稿が流れてくるかと思います。

Facebookを更新しようとアプリやwebでログインしてすぐ、元彼の投稿が目の前に流れてきたら思わず見る事を止められないですしFacebookは写真を投稿する人がTwitterに比べ多いので、つい見てしまうのは仕方ありません。

ですがFacebookはスマホやパソコン画面に大きく映し出されるので、未練や後悔が残っていればいるほど自分の受けるダメージは大きくなります。

ドキドキするのは未練が残っているからこそですし、後ろめたさを感じるかもしれませんが、別れた元彼・元カノのFacebookをのぞいてしまうのはめずらしいことでもなく、ほとんどの人がやっていることなのです。

どうしてものぞいてしまうのなら、学生時代の友達や友達つながりで「知り合いかも」と表示される人々に友達申請をしてから、タイムラインをにぎやかにしてみて下さい。

投稿される数が増えれば、元彼の投稿もその中にまぎれてしまい、いきなり目に飛び込んでくる回数も減っていきます。

スポンサーリンク

Facebookの「制限リスト」を利用する

元彼の投稿がどうしても気になってしまい、毎日のようにFacebookをチェックしてしまうようなら「制限リスト」の中に入れてしまえば、タイムラインに元彼の投稿が流れてくることもありません。

スマホで制限リスト入りさせる場合には、まず画面右側の基本設定から「友達」から設定を開始します。元彼のアイコン写真をタッチしてから、左下の「友達」をタッチすると一番下に「友達リストの編集」が表示されますので、そこから「制限」をかけることができます。

パソコンの場合、友達リストから元彼のページへ行き、画面の「設定」を開いてから「ブロック」を選択「制限リスト」のリストをクリックし、元彼を選択してから終了させれば完了です。

これで物理的に元彼の投稿が見えなくなるので、最初は気になるかもしれませんが、時間た経つうちに気にならなくなります。

元彼を「友達」から削除する

別れた後の元彼の動向が気になるのは仕方ないにしても、何度も別れた相手のFacebookを見てしまうことで、かえって元彼の事を思い出すようになり逆に忘れられなくなっていきます。

失恋の傷から立ち直りたいと本気で考えるなら、元彼を友達リストから削除して下さい。いつまでも元彼の影を追い続けているようでは彼を忘れることはできませんし、自分の気持ちを傷付けるだけなのでまずは設定画面から、「友達リスト」から外した方が失恋の傷も癒えやすくなりますよ。

むすび

インターネットの普及で簡単に元彼の動向がチェックできるようなったのは、復縁したい場合には大変便利ですが、失恋から立ち直りたい人の場合、元彼の事を忘れてしまいたい気持ちと、まだ忘れられない気持ちの両方に感情が刺激され、ますます自分を傷付けてしまいます。

簡単につながることができるFacebookですが、ブロックすれば相手に伝わってしまう事で復縁したいと思った時、心証も悪くなりますからブロックはよほどの事がない限りしない事をオススメします。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です