元カレを思い出す心理とは?

スポンサーリンク

恋人同士が別れる時、どちらも傷付かず穏便に別れるなんて事はまずできませんし、なかには二股や浮気・金銭問題など、少々ブラックな理由から大ゲンカに発展し、憎しみすら感じながらの別れになる場合もあります。

穏便な別れやケンカ別れをした元彼なのに、なぜか元彼を思い出してしまうのは未練があるから?もしくは嫌悪感からなのでしょうか?

思い出が美化されすぎ未練が大きくなっている

最初は多少の嫌悪感や怒りを感じたまま別れたとしても、しばらくすると「後悔」を感じるようになります。

どちらから別れを切り出したとしても「なぜ別れたんだろう?」と後悔するようになると、自分でも無意識に過去の思い出を美化してしまいます。

大ゲンカや強い嫌悪感を感じたままの別れだった場合、思い出が美化されるのは難しく、そう簡単に全部の感情を忘れられません。

ですが多少のケンカや嫌悪感なら、時間が経てば気持ちが収まり「あんな人とはもう付き合いたくない!」という気持ちから時間が経つにつれ「元彼の~な所が好きだった」「あの時楽しかったな」という、良かった思い出だけが心の中でクローズUPされ、美化されてきます。

美化された記憶を思い出すにつれ、後悔する気持ちは大きくふくれ上がり、別れなければよかったという気持ちになり、ますます想いだけがつのるようになっていき、思い出したり復縁を考えるようになっていきます。

何だかんだ言っても、まだ元彼が好き

元彼から別れを切り出され、散々話し合いをしたり「絶対に別れない」と粘ったとしても、もう付き合えないとフラれてしまったなら、どうしても元彼に対しての未練が残りますし、別れた後もずっと気持ちを引きずることになります。

恋愛はふたりで作り上げていくものなので、彼の方からもう無理だと言われたのならあきらめるしかありません。

それでも心の中で想いがくすぶり続けているなら、共通の友達から元彼の近況を聞くたびに思い出すでしょうし、思い出すたびにせつない気持ちに襲われ、新しい恋にも踏み出せずに立ち止まってしまいます。

別れても元彼が好きという状況は大変辛いでしょうが、はっきりと自覚することでこの先自分がどうすべきなのか、考えるきっかけになります。

スポンサーリンク

現状に満足できていない

元彼と別れたものの、職場でも合コンでも出会いがなくドキドキできるときめきを感じられない環境だったり、新しい彼氏はできたものの関係が上手くいっていないなら、つい元彼の事を思い出してしまう事があります。

今現在の自分の現状に満足できず、元彼との日々を懐かしく感じていたり、無意識に元彼と今彼との違いを比べてしまうというように、過去と今現在を比べ自分の不満を再確認する事で「あの頃は良かった」と過去を懐かしむたびに、不満が、ますます大きくなっていきます。

どんなに好きな相手でも100%全部を受け入れられる恋愛というのは難しいですし、付き合いだしてしばらくすればどこかしら不満を感じるようになります。そんな不満から「元彼と付き合っていた頃は良かった」という憂鬱(ゆううつ)な気分になり、つい元彼に思いをはせてしまうのです。

二股の末今彼を選んでしまったというような、自分勝手な恋愛の末このような心理になる事もありますが、この場合相当反省しないと復縁は難しいです。

依存していないと不安だから

常に好きな人や付き合っている人がいないと女として見られない不安を感じたり、いつも彼氏が隣りにいて「好きだよ、かわいいよ」とちやほやしてくれないと嫌だという「恋愛依存体質」なタイプの場合、つい元彼の事を思い出し「また好きだって言われたい」と望んでしまいます。

この場合誰かに「求められ・求めている」状況が好きだったり、いつも自分の方を向いていないと嫌!というような嫉妬深さや束縛・執着の結果短い交際期間で別れてしまうのですが、本人は好きだからこそ嫉妬や束縛するという意識しかないのに対し、彼(元彼)側は気持ちの重さに絶えかね短期間しか付き合うことができません。

彼女側に自分が重いという自覚が無いだけに、思い出も美化されやすく好きな人にも尽くしがちですが、思い出すだけならまだしも悪い元彼になると、その嫉妬深さや執着心を利用し都合の良い関係に持ち込もうとする場合もあり、依存体質だという自覚があるなら注意した方がよさそうです。

関係が近すぎるゆえ忘れられない

初恋は実りにくいといいますが、これは恋愛スキルが未熟なせいで、自分の気持ちしか見えず相手の事まで考える余裕がないせいで、ちょっとした事が原因で別れてしまうからです。

なかには初めての彼氏と長く付き合っている人もいますが、未熟ながらも時間をかけゆっくりと信頼関係を築き、初恋の相手との恋愛を継続させる為さまざまな努力を重ねているので、男女としての関係がダメになった後でも「家族愛」に近い信頼関係だけは失いたくないと感じているので、未練も含め何かと元彼の事を思い出してしまいます。

これまで手間ヒマかけて関係を作り上げてきたのにという執着心や、家族愛にも似た情があると、元彼と言えど簡単に忘れる事ができず、新しい彼氏がいた場合でも何かと理由をつけて連絡してしまうと、二股を疑われる自体にまで発展する場合もあるので、注意が必要です。

むすび

何人かとお付き合いをした経験があるなら、一生忘れられないような元彼がいるかと思います。

そんな元彼をふと思い出してしまうことがある場合、自分自身が元彼との復縁を望んでいるのかもしれないので、一度自分の内面と向き合ってみて下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから