元彼が別れの理由を話したがらない原因とは

スポンサーリンク

いきなり「別れよう」と言い出されたなら、どうしても知りたいのが「別れの理由」です。

何で別れたいの?と彼女の方からしつこく聞いたとしても、黙り込んで理由を話してくれないまま納得できないままでは別れ話も長引きますし、修羅場になるのは明白ですし、別れた後となっても頑として答えてくれないままでは、次の恋愛に進めない原因になる場合もあります。

特に女性は納得して別れたいと思うので、どうしても別れの理由を知っておきたいと感じてしまうものですが、そんな気持ちに反し、なぜ別れの理由を話さないまま別れようとする男性がいるのでしょうか。

もう愛情を感じなくなったから

恋愛の別れの中で一番多いのは「恋人に愛情を感じなくなった」という、至極真っ当な理由です。

もう恋愛感情がない相手といつまでもズルズル付き合い続けるのは、ある意味不誠実ですが、まだ自分の事を好きでいてくれる彼女に「もう好きじゃない」という事実を突きつけるのは残酷だという意識がある為、話せないのです。

性格や価値観が合わない、言動についていけない、マンネリ(倦怠期)から愛情がわかなくなったなどの理由がありますが、かつて好きだった相手に対し「もう愛情がない(好きじゃない)」と伝えるのは、心理的負担も当然重くなります。

本当の事を言えば傷付けてしまうので、できれば言わずに別れたいと感じているからこそ、本当の理由を隠したまま別れようとする男性もいます。

他に好きな子ができた

最近付き合っている彼女より気になる子ができたとしたら、今カノと別れ好きな子に告白したいと思うのが普通です。

ですが性格的にもめごとが嫌いで、穏便なまま後腐れなく彼女と別れたいと思っているなら、言わないまま別れてしまえ!という判断は元カノからしたら最低ですが、できるだけモメずに別れたいからこそ、何も語ろうとしないパターンもあります。

ところがそんな風に別れ元カノとなった側としては、明確な別れの理由を聞けないままなので「もしかしたら復縁したいって言ってくれるかも?」という期待を抱きつつ、それとなく元彼周辺の情報を集めた結果、すぐ新しい彼女がいる元彼にショックを受ける事もあります。

今思えば「性格が合わない」「最近忙しい」と別れる直後に言われた覚えがあるなら、もしかしたら他に好きな人ができたのが本当の理由なのかもしれません。

スポンサーリンク

すぐヒステリックになるから

正直に「もう愛情がない」「他に好きな人ができた」と正直に彼女に言ったとしたら、その場で激高しその辺りの物を投げつけられたり、口汚くののしられるのが目に見えているなら、正直に話すのなんてバカらしいと正直に話したいとは思いません。

付き合っている頃、何か気に入らないことがあるとすぐ大声を出し反論してくるような人には、どんな正論を言っても無駄だと分っているので、なんとか別れの理由をはぐらかそうとします。

口ゲンカになった末暴力を振るう男性は最低ですが、だからといって彼女のヒステリックな言動にイライラしない男性はいませんので、まずは自分の言動を振り返ってみることも必要です。

嫌な男と思われたくない

別れたいなら本音を言ってくれればいいのに・・・と思っていても、元彼側としては「付き合った女には嫌われたくない」と考える男性は少なからずいます。

本当の理由を言わず、良いイメージを保ったまま別れ、たまに思い出してもらえれば・・・なんて、ひとりロマンチックな気持ちのまま別れられたとしても、元カノの気持ちは晴れるはずもありません。

こういったひとりよがりなヒロイズムは「自分がかわいい」からであって、元カノに対する配慮もないのですから、ある意味別れて正解です。

将来に対してのプレッシャーに耐えられない

男性より女性の方が「結婚適齢期」にこだわる人が多いので、付き合いもそれなりに長くなると「そろそろ結婚したいね♪」と言葉に出したり、無言のプレッシャーをかけてしまいがちです。

ところが男性側としては、結婚すれば大黒柱として家計を支える覚悟がいりますし、子供やその後の人生も考えるとなると、そう簡単に決断できないのです。

特に近年では非正規雇用も増え、結婚したくてもできない層が増えていますし、正社員でも安心はできません。

愛情だけでは結婚してもやっていけるというものではないと分っているだけに、長く付き合ったから結婚と単純に話を持っていけない時代なのです。

結婚しても上手くやっていける自信が無い・・・でも男としてのプライドが「甲斐性が無いから」とは言いたくないと葛藤した挙句の事なら、少々かわいそうな気もします。

一方同じような状況でも、長年付き合った彼女との間に「結婚の意志」がありながらも、結婚する意志が最初からないまま恋愛だけしたい男性といのも存在します。

ただ彼女に合わせた挙句、やっぱり若い子がいいからと本心を隠したまま別れ、元カノは未だに別れを引きずり続けているというパターンもあるので、注意が必要です。

結婚なんて面倒くさいしい変なプレッシャーは嫌!という男性は多いので、付き合っている間にそれとなく確認しておいた方が安心です。

むすび

恋愛にはいつか終わりが来るとは分っているものの、明確な別れの理由を知らないまま別れてしまうと、次の恋愛に進もうにも気持ちの整理がつきにくく、いまいちすっきりしないままで元彼の事を引きずってしまうようになります。

元彼の本音はさまざまでしょうが、話したくない理由がどうしても知りたいなら、付き合っていた頃の事を思い出し、自分に非があるなら改善させ、元彼が悪いのならさっさと忘れ、新しい恋愛へと進んで下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから