シングルマザーの彼女との恋愛の注意点と復縁方法

スポンサーリンク

たったひとりで仕事に子育てに奔走する姿に、最初は同情からだったとしても、いつしか一生懸命な姿にひとりの女性として守っていきたい!そんな気持ちに変わったら、恋愛関係になるのもそう時間はかからないかと思います。

ですがシングルマザーの女性との恋愛は、未婚女性との恋愛とは少々異なってきますし、良かれと思ってやった事が原因で破局すると、復縁はより難しいことは覚悟しておく必要があります。

思わぬ失敗を犯してしまいがちなシングルマザーとの恋愛ですが、どのような点を注意しつつ復縁に向けて動き出せばいいのでしょうか?

「恋愛中心」ではなく「子供中心」の関係作りを

未婚女性との恋愛なら彼女の事だけ考え恋愛していけばいいですが、シングルマザーとの恋愛や復縁では「子供中心」で恋愛を考えないといけません。

多くのシングルマザーは常に生活の中心に子供がいるので、デートしたいと思っても子供がまだ小さかったり、子供の体調不良で出かけられなくなる事はよくあります。

頭の中では子供がいるからと判っていても、自分の子供ではない分彼女に感じるような愛情は持てないですし「子供と自分どっちが大切?」そんな感情まで持ってしまいます。

「子供と自分とどっちが大切?」という感情は彼女に伝えられないでしょうし、胸の中でモヤモヤし続ける問題になるかと思いますが、実父であっても人によっては子供と妻を取り合うような人もいるのですから、ある意味仕方のない感情ではあります。

母親として子供を優先するのは当然の事なので、過去の自分の対応をよく考え、復縁したいのならまずは「子供と彼女の意志」を優先した関係性作りを意識して下さい。

デートには子供同伴でOKにしたり、ふたりで会いたいなら託児所代を出す、または料金を折半するという風に子供の事まで考え対応しないといけません。

ただし彼女が復縁に応じてくれ自分に夢中になったとしても、あくまあで子供の母親なのですから、深夜まで彼女を連れまわすような事だけはしないよう注意して下さいね。

周囲の声に惑わされないようにする

シングルマザーとの恋愛につきものなのが「何で子持ちと付き合うの?」という疑問の声や「母親なのに恋愛するなんて」という非難の声です。

子供がいる人との恋愛は、確かに将来的な面を考えるとハードルも高いですし、母親なら子供を第一に考えるべきで、男にかまけているヒマはないはず!という意見から、シングルマザーが恋愛なんて・・・という意見で責め立ててくる人もいます。

子供を育てていく決意をしたシングルマザーの中には、離婚前から「子供は私がひとりで立派に育てる」そう決意し、恋愛より子供と仕事を中心の生活を当然の事として受け止めています。

そんな彼女と一度は付き合ったものの、残念ながら別れてしまったのなら「やっぱり私は子供と仕事に生きる」「シングルマザーが恋愛しても上手くいきっこない」と周囲の声に気持ちが硬く閉ざされてしまう事はよくあります。

価値観は人それぞれですが、一生懸命に子育てに励むあまり思い通りにならない事で、精神的に追い詰められた結果、虐待や体調を崩してしまう事もあり得るのです。

周囲は無責任にあれこれアドバイスしたがるものですが、あくまでも女性としての彼女を選んだ事を強調し、生き方は人それぞれである事、以前の恋愛を踏まえ今度こそしっかりと彼女を守りたい事を伝えて下さい。

注意してほしい点としては、自分の親や周囲から何か言われた事を、いちいち彼女に報告したりグチらないという点です。

周囲は親切で言っているのでしょうが、彼女が恋愛に対し引け目を感じているのなら、報告やグチは彼女の気持ちが引いてしまう原因にしかななりませんので注意が必要です。

スポンサーリンク

元夫にこだわらない

自分からしたら、元夫は永遠に交わることのないライバルのような存在ですし、恋愛から結婚・幸せな結婚生活まで経験している元夫につい、変なやきもちを焼いてしまい、過去の結婚生活の事や離婚の原因まで強引に聞き出したのでは、彼女が別れてしまったのも納得がいきます。

結婚よりも離婚の方がはるかにハードルも高いですし、過去の結婚で傷付いているのに嫉妬心から嫌な過去を何度も思い出させるような聞き方をされては、その時は顔に出さなくとも決して気持ちの良いものではありません。

復縁したい気持ちがあるなら最初のうちは友達として接していき、友達として支えていきたい事をアピールしつつ心を開いてくれるのを待ってみてください。

元彼といえど親身になってくれる相手がいると心強いでしょうから、最初は気まずいかもしれませんが未練がないことをアピールしていき、自分の方から過去を語ってくれた時にはさえぎらず話を聴いてあげれば、より気持ちを近づけることができます。

嫉妬心丸出しで元夫をののしるようなことをすると、元夫を選んだ彼女や子供の事までけなしているようなものです。

嫉妬を感じても「元夫との過去があるからこそ、今の彼女がある」と十分に理解していないと、彼女との関係も壊れてしまいかねない事も十分に注意して下さい。

むすび

女性は概して男性よりも精神年齢が高いものですが、結婚・出産・子育て・離婚という人生経験を積んでいる彼女は、今後の将来の事も見据えています。

復縁するとなると、単なる恋愛ではなく「将来共に子育てをしていける相手」を求めていると考えた方が良いかと思います。

復縁を考えているなら、彼女と共に子育てしていく事込みの復縁である事を懸命に伝えていく必要があります。

まずは子供中心、そして彼女を守れる男だという事をじっくりと証明し、復縁に近づけて下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁の神様」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁の神様」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。