1週間の冷却期間で復縁できる別れのパターンと復縁の手順

スポンサーリンク

好きな人となら今すぐにでも復縁したい!そんな気持ちがあったとしても、別れた状態によって取るべき冷却期間は変わってきます。

復縁したいならできるだけ早い方が良いに決まっていますが、1週間の冷却期間で復縁できる別れ方とはどのようなパターンで、どんな風に復縁していくのが正しいのでしょうか?

お互いの感情を冷ます1週間の冷却期間

ちょっとした意見の食い違いでケンカの末、感情的になり別れてしまったのなら1週間という冷却期間の後、復縁は可能です。

恋人同士ならケンカもするでしょうが、小さな口ゲンカの勢いでの別れはよくありますが、感情的になりすぎるとつい心にもない言動を取ってしまい、別れた後大きく後悔するものです。

ケンカの原因が元彼にあり自分は悪くない場合でも、小さな意地を張り続けたあげく、何も行動しないままでいるとますます復縁しにくくなってしまいます。

カッとした勢いなら1週間も連絡を取らずにいれば、やがては未練や後悔の気持ちが湧いてくる頃でもあるので、小さな事が原因なら、お互いの感情を冷ますには最適な期間なのです。

ただし大ゲンカや長年のストレスが積もり積もった末のケンカなら、1週間ではなく数ヶ月から半年以上は連絡を完全に絶ち、お互いの苛立った感情や嫌悪感を冷まさないと復縁は叶いませんので、十分な注意が必要です。

彼からの連絡がないなら、自ら連絡しよう

ちょっとした意見の食い違いや小さなケンカが原因で別れ、あなた自身も後悔しているなら、元彼の方もまた後悔しているかと思います。

男性は特に男としてのプライドを大切にするので「別れた女に自分からは連絡できない」というような、変な意地を張り続けているパターンもあります。

もし今現在元彼からメールも電話も来ていないのなら、あなたの方から連絡してみるべきです。

「私、あなたの所にポーチ忘れてない?」「車にサングラス置きっぱなしかも」など、軽い感じのメールを送ってみて下さい。

元彼の方もケンカを後悔しているなら、待ってましたとばかりに返信してくれるでしょうし、もし今でも怒っているようなら返信しては来ないでしょう。

自分から連絡してきた後、その後元彼の方からちょくちょくメールや電話をくれるようなら、そこから復縁へとつなげられます。

ただし、焦りのあまり間を置かず連絡したり、返信を催促していては元彼に束縛感や窮屈な思いをさせてしまうので、あまり焦り過ぎないこともポイントです。

687sjh

スポンサーリンク

ケンカの理由を反省&改善する姿勢が大切

小さなケンカや意見の食い違いから突発的なケンカの末別れたのなら、内心はかなり後悔しているかと思います。

しかもお互いに感情的になっているので、元彼から「もうお前なんかと付き合ってらんない!」と別れを切り出されのなら、別れを言い出された方はかなり未練や後悔を引きずっています。

ケンカの理由があなた側にあったのなら、その原因を解消していないと復縁したとしても、同じような理由でまたケンカになり、今度こそ決定的な破局を迎えるかもしれません。

突発的なケンカの原因には、価値観や考え方の違い、クセや性格なども関係していますが、直せる部分は直していく姿勢や反省する気持ちがないと復縁は難しいです。

元彼の方が原因だったのなら、今度はケンカをしないよう自分の方が元彼より「大人」にならないといけません。

元彼の方がまた付き合おうって言い出してくれればいいのに・・・そう感じ待ち続けたとしても、意地っ張りな人ならそう簡単に復縁を言い出したりはしてくれません。

時として自分の方が大人になり、謝罪や連絡をとるなどして復縁しやすい環境を作り上げた方が、復縁にも近づけます。

最初の連絡はメールでも、謝罪は会ってからの方がいい

ケンカ別れや感情的になりすぎたことが原因な上、自分の方が悪かったとなると気まずさからついメールで済ませてしまいたくなります。

ですがその方法では、自分の気持ちが正しく伝わらない可能性も大いにあります。特にメールは気持ちを伝える為にとつい長い文章になりがちですが、文面が長すぎると面倒くさい女と思われかねませんし、誤解を生んでしまう可能性もあります。

できれば元彼とメールで会う約束をして、会った時にしっかりと謝罪をした方が、声のトーンやしぐさ・態度から反省している気持ちも伝わりやすくなります。

もし自分が悪くない場合でも同様で、会った時に付き合っていた頃自分のダメだった部分を反省している事や、今でも元彼の事を好きな気持ちを伝えれば、メールや電話よりも気持ちは伝わりやすくなります。

ただし気をつけてほしいのは、感情的になった末の口ゲンカが原因で別れたのなら、実際に会った時もまた感情に任せた言動で元彼を怒らせ、復縁から遠ざかってしまう恐れもあります。

実際に元彼に会う前には、自分の伝えたい事を頭の中にまとめておき、元彼の顔をしっかり見つめながら誠心誠意の気持ちを伝えてくださいね。

むすび

小さなケンカや感情的になりすぎたせいで別れたのなら、1週間程度の冷却期間でも復縁は可能です。

ケンカでカッとなった後は、未練や後悔を感じやすく復縁もしやすい状況なので、これを逃す手はありません!

まずは1週間は冷却期間を取り様子を見ておき、復縁できるチャンスを逃さぬようしっかりと対処してくださいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから