2週間の冷却期間で復縁できる別れのパターンと復縁の手順

スポンサーリンク

2週間という短期間での復縁できるパターンは、復縁の中でも早い方ですし、冷却期間が短かい復縁であればあるほど、復縁後の関係もぎくしゃくしにくいようです。

短期間での復縁の場合、別れのパターンや復縁の手順までをしっかりと把握しておけば、より復縁に近づけますが、どのような手順で復縁を目指せばよいのでしょうか?

2週間の冷却期間で復縁できるパターンとは

通常復縁するには数週間から数ヶ月の時間がかかるのが一般的ですが、別れ方次第では2週間という、短期間で復縁できる場合もあります。

2週間の冷却期間で復縁できるパターンは、別れ際にしっかりと話し合いののちに穏便な関係のまま別れた、いつもはしないような小さなケンカや些細な意見の食い違いが原因で別れた場合には、短期間で復縁できる可能性が大きいのです。

冷却期間は別れからくる混乱や怒りを冷まし、愛情を再確認させる為に取るべき時期なのですが、短ければ短いほど怒りや混乱は少なく、別れた相手への嫌悪感も憎みあった場合の別れより、はるかに復縁できる確率が高くなります。

自分達の別れがそうひどいものではなく、気持ちが落ち着いた頃に話し合えば復縁できると感じたなら、復縁に向けて歩み出してくださいね。

別れた理由と別れ際の感情を思い出す

復縁したいのならまず第一に、別れた理由と別れ際の感情を思い出す必要があります。

2週間という短期間の冷却期間で復縁できるのは、お互いにまだ「愛情」や「未練」が残っているからこそです。

ちょっとした意見の食い違いや感情的になった結果、彼氏の方が「もう別れよう」と言い出し、自分の方も「いいわよ別れよう」と受けてしまうと、一度別れを受け入れてしまったがゆえに、復縁が難
しいと感じてしまうかもしれません。

ですが別れた理由がほんの些細な事柄だったり、つい意地になり反発した、丁度機嫌が悪くカッとなったというような単純なものだったなら、その場の怒りが過ぎ去ってしまえば後は後悔や未練しか残りません。

ついカッとしてケンカになった別れでも、ケンカになるまでに何らかの原因があったはずです。あなたや元彼の性格や価値観の違いから過去にも怒るまでもない、ムッとした感情を持ったり、元彼から注意された部分があったのなら、復縁に動き出す前に改善させないといけません。

そんなの面倒と思うでしょうが、お互いに気持ちが残っているからこそ復縁はできるかもしれませんが、復縁後も恋愛関係を持続させ続けるには、自分の欠点を改善させないといけません。

ちょっとしたことでもすぐイライラし感情的になったり、彼氏であっても負けるのが嫌という勝気な性格なら、好きな人のちょっとだけ譲る気遣う等の配慮をすべきです。

スポンサーリンク

欠点はもちろん外見を磨く

別れる事になった原因を改善させるのはもちろんですが、一番短期間で改善できる方法として「外見」を意識的変化させてみて下さい。

できれば元彼の好みに合わせた方がよいですが、パッと一目見て以前とは違う雰囲気にイメチェンした方が興味を引きつけられるので、自分の好みを活かしつつイメチェンしてみてください。

2週間も何の連絡もなく淋しい気持ちを抱えていた元彼としては、今までとは違うファッションや雰囲気になった元カノにおどろくでしょうから、新鮮な気持ちやドキドキ感を感じられます。

本当なら内面もしっかりと磨いた方が効果的ですが、2週間では時間も足りません。ですがこれから復縁し再び付き合っていくつもりなら、内面も少しづつ磨く必要があります。

言葉遣いから身のこなしや教養など、磨くべき点はいくらでもありますので、自分に足りない部分を改善させてください。

連絡する時はいきなり恋心を見せない

いよいよ元彼に連絡し、復縁を目指す人がつい陥りがちなのが「別れる前の関係に戻りたい」という考え方です。

2週間ほど冷却期間を取ったのち、ドキドキしながらメールや電話で連絡を取るかと思いますが、2週間前までは付き合っていたんだから・・・という気持ちで連絡しようとしているなら、もう一度考え直すべきです。

2週間とはいえ冷却期間を取り連絡を一切しなかったことで、元彼の大切さを十分に理解したでしょうが、復縁の連絡をする際「また付き合ってほしい」というようにいきなり言い出したのでは、元彼の方が自分よりも気持ちが冷めていた場合、あっさりと引かれ断られる可能性の方が高くなります。

何の音沙汰もないことでお互い淋しさがつのっている場合なら、連絡をした際恋愛感情をむき出しにしても受け入れてもらえますが、まだ怒っていたりケンカのせいで気持ちが冷めているなら、恋心をいきなり見せられても受け入れてはもらえません。

目的は復縁の為であっても、最初の連絡はじっとりと重い感じではなく、できるだけ「好き」ではなく付き合う前のように「~のそういう所いいよね」と言うように「好意」のみを見せておき、少しづつ様子を見ながらコミュニケーションを取ってください。

もしここで過去の恋愛に甘え、新しい恋愛として受け止めきれなかった場合、何度も別れと復縁を繰り返し傷付け合ったあげく、修復できない別れになる可能性もあります。

ただ単に付き合っていたらか元彼と復縁したいというのではなく、2週間考えた末「元彼じゃなきゃダメだった」という気持ちを伝え、新しく好きになった人に接する気持ちで元彼に連絡してください。

連絡する時には元彼の気持ちが冷めていないかどうかもチェックし、元彼も復縁したいかどうか、最初は恋愛とは全く関係ないメールや電話をしてみて、返信の速さ等から推察し、復縁につなげて下さい。

むすび

復縁期間の平均は約5ヶ月と言われていますので、2週間で復縁できる状態なら、怒りの気持ちから「もう別れよう!」なんてつい口から出てしまったり、怒りから感情の制御が利かなくなったことが別れの大きな原因になっています。

冷静になってみれば、あんな小さなことでなぜ別れたんだろ?そう後悔するのなら、元彼がどう考えるか、どう思うかを考えつつ復縁に向けて動き出してくださいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから