失敗しない家出計画の立て方【家出の仕方】

スポンサーリンク

思春期になると自立心が強くなるので、親からあれこれ口うるさく指図され、イライラやむしゃくしゃしたストレスから大ゲンカに発展し、家を飛び出したくもなるでしょう。

大学生や大人になっても、親や配偶者(夫・妻)とケンカをすれば家出を計画し、実際に実行してしまう人も多数います。

ケンカの後、怒りにまかせて飛び出してしまう家出の場合、数時間や1~2日後には連れ戻されてしまうなど、結果的には失敗に終わってしまうのがほとんどですが、多くの人はそんな短時間で見つかる家出を望んではいません。

家出を成功させるにはしっかりとした計画を立てるのが一番ですが、どんな計画を立てるべきなのでしょうか。

ある程度のお金を用意する

突発的で感情的な家出の場合、手持ちのお金だけを持って家出をしてしまうので、行動範囲も限られますし、お金を使い果たしてしまえば家に戻るしかありません。

世の中お金が無いと何もできない世の中ですので、自宅を出て完全に自立した生活を営むには現金が一番頼りになるアイテムなのです。

短期的な家出のつもりなら2~3万程度あれば数日は生活していけます。

どのくらいの期間家出をしたいかにもよりますが、もう自宅には戻りたくないし自立して生きていく覚悟があるなら、突発的な感情で家出をしても無計画な家出ほど無謀なものはありません。

失敗しない家出をする為には、数週間から計画を立てた方がより成功しやすくなるので、まずは軍資金をかき集めてください。

自宅から出て本当に自活したいのか、それともしばらく家族から離れ感情を冷ましたいのか、まずは自分の気持ちを確認してから家出の計画を立ててくださいね。

事前に行く場所を確保しておく

突発的な家出や小額のお金しか手元にない場合、友達や知人・先輩の家を家出先として選ぶかと思います。

友達の家ならとりあえず寝床は確保できますし、怒りの気持ちを冷ましたい短期的な家出にはぴったりですが、ある程度長く家出したいのなら、親しい友達の家は家出先には向いていません。

親も知っている親友の家では真っ先に連絡がいくでしょうから、友達には親には内緒にする約束で行き先だけは教えておき、親の知らない友達に何とかお願いして泊めてもらったりと、親の知らないネットワークを使った方が、発見されにくくもなります。

ネカフェやカラオケに泊まればいいのでは?と思うでしょうが、未成年の場合どんなに遅くとも22時以降は居続けられません。

最近では家出人が掲示板に書き込みをし、無償で泊めてくれる相手を探すサイトもありはしますが、顔も知らない未成年を泊めようとする大人は大抵の場合下心があるので、簡単に誘いに乗らないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

荷物は最低限にまとめる

家出は旅行ではないので、できる限り少なめにまとめた方が移動もかなり楽になります。

絶対に持っていくべきなのは、現金(通帳)スマホと(携帯・パソコン)充電器、折りたたみ傘、着替え(下着、靴下、代えの服上下3枚程度)健康保険証などの身分証明書、ガイドブックや地図などです。

家出にはこの程度の荷物しか必要ありません。持っているなら自前の自転車もあると交通機関を使わずとも移動できるので、あった方が便利です。

なぜ地図やガイドブックが必要なのかと言うと、何も持たずにウロウロしているより、ガイドブックを手に持っているだけで不思議と怪しまれず、職務質問もされにくくなるからです。

ただし、街でもなく何の観光名所もない地域だったなら使わない方が自然です。

必ず書置きを残しておく

計画的な家出の場合、必ず残しておくべきなのは「書置き」です。

突発的な家出の場合、ケンカをしたその足で出て行ってしまうため、なぜ家出したのかが一目瞭然ですが、計画的な家出の場合書置きをしておかないと、家出なのか誘拐なのか判別がつかず誘拐と勘違いされたりと、大騒ぎになる可能性があるからです。

家出する事でもう家に居たくないと意志を示していると自分では思っていても、親からしたら何で急に居なくなったのかが理解できず、誘拐でもされたもでは?なんてとんちんかんな理由で警察に駆け込まれたのでは、自分の意志が伝わらないまま連れ戻されてしまいかねません。

何で家出するのかハッキリさせておきたいなら、書置きを残しておくことをオススメします。

家出する期間は自分でしっかりと決めておこう

成人が家出をする場合、ある程度のお金も用意できますし、ネカフェで寝泊りもできますし住所さえしっかりしていればどこででも働くことができます。

ところが未成年の場合、18歳に達しているならアルバイトもできますが、未成年の場合親の同意書がないと正規の場所では雇ってももらえません。

年齢を誤魔化せば働けないこともないのでしょうが、最近では取り締まりも厳しく、未成年を雇用していたとなると条例違反で逮捕されるので、雇用する側も慎重になっておりアルバイト先すら見つけられないのが実情です。

お金がなければ生活できないので、手持ちのお金が無くなった頃が家出の潮時です。

事前に書置きに3日で帰るなど、家出する期間をあらかじめ書いて家出をするのも良いでしょう。

そんな気軽な家出ではなく、親のDVや虐待(性的虐待など)が原因な場合には、そのまま児童相談所に相談するか、未成年専用のシェルターへ駆け込んでください。

もしあと2~3年で高校を卒業できそうなら、再び家に戻り家を出る準備の為にアルバイトをして預金を作っておき、家出で得た反省点を踏まえながら自活への道を考えてみてください。

おわりに

親が家出した子供を心配するのは、未成年の家出は非行に走りやすく、売春やオエオレ詐欺の出し子など、高いバイト代にひかれ犯罪の世界に足を踏み入れやすいからです。

一度前科が付けば今後の人生に差し障るからこそ、どんな理由からの家出であれ犯罪に巻きこられる危険性が高くなるからです。

一度家出をしてみた結果、今のありがたみを理解した後、今後の事を考えてみても決して遅くはありませんよ。

本気で家出を考えている方へ

一人で家出を実行するには危険が伴います。
本気で家出を考えている方へは、仕事、お金、住む場所の面で相談に乗りますのでお問い合わせフォームから連絡下さいね★

>>問い合わせフォーム

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Len

    「復縁の神様」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁の神様」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。