復縁おまじない

スポンサーリンク

元彼と復縁したいと思いながらもなかなか勇気が出なかったり、嫌われたらどうしようと連絡すらも取れずそのまま立ち止まってては、復縁は叶いません。

復縁したいなら何でも試してみるべきですが、おまじないはそのなかでも自分の潜在意識や気持ちを強化してくれる大切なものです。

一度切れてしまった糸はそう簡単に結びな直すためには、行動することももちろんですが、相手ともう一度やり直したいという強い気持ちがないと、復縁を成功できないほど困難な事なのです。

「どうしても復縁したい!」そんな気復縁したい気持ちをさらに強くし、復縁につながる簡単にできるおまじないを紹介していきます。

写真を使った簡単おまじない

元彼と一緒に撮ったツーショット写真を1枚、赤い糸(刺繍糸でもOK)、縫い針、はさみを用意します。

ツーショット写真の元彼と自分の間を切断してから、写真を赤い糸を通した針で再度縫い合わせます。

縫い合わせた後は写真をじっと見つめながら「この写真の頃のような恋愛関係に戻れますように」と、自分の復縁したい気持ちを込めながら、できれば静かな場所で唱えて下さい。(夜寝る前に行うとより効果的です)

唱え終わった後の写真は毎日自分がどこへ行くにも肌身離さず持ち歩くようにし、できれば1日に1回写真をじっと見て、先ほどの呪文を唱えてみて下さい。

自分では「復縁したい」と強く感じているでしょうが、復縁は思い立ってすぐ成就できるものではありません。

下手をしたら数ヶ月から数年以上はかかる道ですので、毎日写真を見ることで、時にはめげそうになる気持ちをはげまして下さい。

元彼の方から振られた場合のおまじない

未使用のノート、赤いペン、元彼の写真や忘れ物を用意します。

元彼と復縁したいと思い立った時から、まずはノートに赤いペンで日記を付けていきます。

日記を付けている机の上に元彼の写真や忘れ物を置き、毎日日記を付けるのですが、日記とはいっても毎日の出来事を書くのではなく、いわばこの日記は元彼とあなたの「妄想日記」です。

元彼と復縁した後のデートで「今日は○○とバースディのお祝いをした」「初めてふたりで行くレストランだったけど美味しかった」など、どんな会話をしたなども軽い幸せエピソード満載の妄想日記を書いていきます。

妄想デートは詳細であればあるほど効果的ですが、注意したいのは元彼と実際にしたことのあるデートを思い出して書いてしまうことです。

妄想デートなら未来のふたりの姿ですが、過去のデートや楽しかった思い出は過去のものとして思い出に残すのみにしないと、悲しい負の思い出も残してしまうことにもつながります。

紙に書くという事で記憶にも刻み付けられますし、潜在意識下にも幸せなイメージが刻み付けられます。

このおまじないは3ヶ月以上毎日続けたのち、元彼にメールで連絡してみて下さい。もしそこで反応が悪いなら、さらに半年程度日記を付けてから再度連絡してみて下さいね。

スポンサーリンク

何年も忘れられない元彼を取り戻すおまじない

白い便箋、封筒、緑色のペン、バラの花びらを用意します。

白い便箋を書き込む面を上にして横半分に折り、一番上の段に元彼の魅力的なところや好きなところを、思いつく限り全部書き出して下さい。

書き込んだ後は、下段に元彼との関係が上手く行かなくなった原因など、思い当たることを客観的に考えながら全部書き込みます。

2枚目の便箋は折らずにそのままにして、上の段からあなたの元彼への想いを緑のペンで書いて下さい。誰に見せるものでもありませんから、読みやすさなどは考えずただひたすら書くだけで構行ですので、元彼と別れて悲しかった、どうして元彼じゃないとダメなのかを書いて下さい。

先ほど書いた1枚目と2枚目を心の中で3回ゆっくりと唱えた後、1・2枚の便箋の文字を書き込んだ面を合わせてから折りたたんでから封筒に入れ、その中にバラの花びらを5枚入れてから自分の住所を記入・切手を貼ってから「自分宛」に投函します。

手紙が無事届いたら、その手紙を自分がいつも持ち歩くバッグの中に忍ばせ、バッグから何かを取り出す際には元彼の事を思い出してみて下さい。

いつも持ち歩くことで効果を発揮するおまじないですので、復縁が成就した後は誰にもナイショで燃やしてください。

ケンカが原因で別れた元彼との復縁おまじない

用意するものは赤いペンと賞味期限が切れていないたまご7個を用意して下さい。

まず元彼のフルネームを3回唱えた後「ハンプティ・ダンプティ」と3回唱えてから作業に取り掛かります。

たまごに赤いペンでお好みの大きさのハートを書き込み塗りつぶしておきます。書き込んだ後は冷蔵庫に入れ、一晩置いておきます。

翌朝卵を取り出し再度「ハンプティ・ダンプティ」と唱え、お好みの卵料理を作り朝食用に食べてしまいます。

たまごの中にケンカの原因や別れた理由を閉じ込め、割って食べてしまうことで復縁できるおまじないですが、朝からしっか食べることで健康面や美容面にも効果的です。

おまじないの内容は他人に告げず、印を付けたたまごは全部自分で食べきらないと効果がありませんので、しっかりと食べるようにして下さい。

このおまじないを1週間続けてから元彼に連絡してみて下さい。きっといい返事が返ってくるはずです。

むすび

復縁に関するおまじないは多数ありますが、ポイントは無理せず続けられる方法を取る事です。

どうせ復縁なんて無理だし・・・なんて後ろ向きな気持ちになっているなら、なおさらおまじないを試して下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁の神様」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁の神様」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。