復縁したいなら絶対厳守!元彼と会う時に注意すべき5つのこと

スポンサーリンク

別れた彼氏の事が忘れられず、胸の中でモヤモヤした気持ちが渦巻いている時、元彼から「これから会わない?」と言われてしまうと、何よりも先に駆けつけたいと思ってしまうのが女心ですよね?

ですがここで、単純に元彼の元へ駆けつけてしまうのが危ない事だと知らない女性は案外多く、ここで失敗すると復縁できない可能性も出てくるのです。

すでに別れてしまった元彼に未練がある場合、つい会う事を了承してしまいますが、注意点を知っておけば、復縁できなくなるデメリットを防ぎつつ復縁できるチャンスを掴めますので、復縁できずに後悔する前に自分の中に叩き込んで下さいね。

元彼の自宅へは絶対に行かない

付き合っていた頃、元彼の自宅で一緒に料理を作ったり、お泊りしたりと楽しいデートをしていたのなら、元彼から「うちに来てよ、忘れ物あるし」など、理由をつけて自宅へと誘われた場合、自宅へは行ってはいけません。

付き合っていた頃の思い出もあるし、久しぶりに元彼の自宅へ行って新しい彼女ができていないかチェックしたい!と考えるかもしれませんが、もし元彼の本当の目的が「あなたとの都合の良い関係」だった場合、どうしますか?

元彼はそんな事思わないと反論されてしまいそうですが、別れてから数ヶ月連絡が無かったのに突然連絡が来て、自宅においでと呼ばれたのなら「復縁目的」ではなく「身体目的」な場合が多いのです。

会わなかった時期に狙っていた女の子との関係がダメになったり、次の彼女ができずに「そうだアイツなら・・・」という甘い考えで、元カノに手を出し都合の良い関係になる元彼達は、残念ながらいるのが事実です。

なかには元カノが復縁したがっているのを知りながら、その気持ちを利用する男性もいますので、元彼のホームグラウンドでもある自宅ではなく、人の目があるカフェやファミレスや昼間に会うようにした方が安全です。

いきなり「復縁話」を持ち出さない

元彼の方から会いたいと声をかけて来た場合、復縁したいと思っているに違いないと自分の方から「復縁しよ♪」と持ちかけてしまうのは絶対に避けて下さい。

元彼の方からしたら、恋愛関係では上手くいかなかったけど、気は合うし友達関係になりたいと望んでいるのかもしれませんし、もっと他の理由で会いたいのかもしれません。

好きな人と復縁したいという気持ちがあると、どうしても自分の都合良い風に事実を脳内変換してしまいがちで、声をかけてくれたから復縁?と思い込んでしまう傾向にあります。

しかもその変換には復縁に一番大切である「相手の気持ち」がすっぽりと抜けていて、相手の気持ちもまだ分らないまま勝手に盛り上がった末、元彼にはそんな気持ちが無いと知り傷付き落ち込むハメになります。

まだ告白もしていない相手との初デートで、いきなり付き合って欲しいと告白しないのと同じように、復縁する為の下準備を何もしないまま復縁話を持ち出しても、相手が引いてしまうだけで何の得にもなりません。

復縁するならじっくり&冷静な判断が求められるので、慌てた気持ちで判断しない方が自分の為でもあります。

スポンサーリンク

いつまでも彼女気分で接しない

今でも好きな元彼に会えるとなると、どうしても気持ちを押さえられないこともあると思います。

目の前に元彼がいる・・・そんなドキドキする状態になると、付き合っていた頃のように彼のうでにを触ったりもたれかかりたくもなりますが、そんな行動を取るとドン引きされるか、そういう関係になってもOKと自分から宣言しているようなものです。

もう別れた時点で関係は終わっているのですから、たとえ復縁したいと望んでいるとしてもグッと我慢し未練を見せないのが復縁のマナーです。

下手に未練を見せてしまうと警戒されますし、別れた時の気まずい気持ちを思い出したりと、かえって復縁しにくいので気をつけて下さいね。

元彼の前では涙を見せない

涙は女の武器になるとよく言われていますが、使うにはそれ相応のデメリットがある事も覚悟して使わないといけません。

よく都合が悪くなるとすぐに泣いて誤魔化してそいまうタイプの女性がいますが、最初は「ゴメンね」とご機嫌を取っていたとしても、何度も泣いて誤魔化されているうちにイライラするようになり、別れの原因になることがあります。

別れ話の最中女の武器である涙を見せる彼女に対し、彼の方が悪場合でも、泣かれる事で責められていると感じ「泣いて責めるなんてずるい」「すぐに泣くのは彼女が弱いせいだ」と責任転嫁し、より彼女への嫌悪感が増してしまうのです。

ドキドキしながら元彼と会ったものの、また離れたくないと別れ際に泣いてしまうと元彼の機嫌をそこねる事もありますので、会ったとしても終始機嫌よく振舞う方が復縁においてもプラスになります。

付き合っていた頃や今現在の恋愛話はしない

私と付き合っていた頃の楽しかった気持ちを思い出して欲しい!そんな強い気持ちから、久しぶりにあった元彼に付き合っていた頃の思い出話をしたくなるでしょうが、元彼の方にも復縁したいという気持ちが無い限り話を持ち出さない方が無難です。

付き合っていた頃楽しい思い出もあったでしょうが、恋愛の別れ際というのはどんな人でもとげとげしい気持ちでやり取りをしていますし、話し合いをして別れた場合でも、双方共に心が傷付いていたはずです。

今さらそんな傷つけあった頃の話を思い出させるなんて!と彼に思われたり、今現在の恋愛をしつこく聞く事であなたの元彼に対しての未練が伝わってしまう危険性もあります。

伝わった方が復縁できるかも?というプラス思考な考えもあるでしょうが、元彼の方に気持ちがないなら戸惑うでしょうし、元カノならなおさら今現在の恋愛を知られたいとは思いませんので、焦って恋愛関係の話を匂わせないよう気をつけて下さい。

むすび

元彼の方から会おうよと提案してきたり、必要に迫られたとしても会ってくれるようなら、あなたに対して深い嫌悪感を抱いていない証拠でもあります。

だからといって元彼の誘いにホイホイ乗ってしまうと自分は傷付くことになりますし、下手をすると都合の良い相手扱いされ復縁できなくなるという最悪な事態も、常に頭の片隅に置いておく事を忘れてはいけません。

どうしても復縁したいなら、変に焦ることなくじっくりと元彼との関係を深めていく方が、復縁に近づけますよ。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから