距離を置くと復縁の可能性が高くなる4つの理由

スポンサーリンク

どうしても復縁したいならどんなに好きな人であったとしても、メールや電話・SNSまでも完全に連絡を絶ち距離を置き、元恋人に会わない事が大切だと言われています。

別れたとしても自分の方はまだ好きですし、復縁を目指しているなら別れた彼氏・彼女に「やり直したい」「悪い所は直すから考え直して」と追いかけた方がいいように感じますが、なぜ復縁したい相手と距離を置かないといけないのでしょうか?

会わない事で大切さが実感できるようになった

付き合い始めた当初はお互いの事が目新しいので、デートでどこに行っても楽しいですし、何を話してもニコニコとした笑顔を好きな人に向けることができますが、恋愛関係が長くなると「倦怠期」が訪れるようになります。

一緒に過ごす時間が長くなると、恋愛で受ける刺激に慣れてしまい恋人の事を「空気のようにあって当然の存在」になり、やがて倦怠期(マンネリ)が訪れ「何でこの人と付き合っているんだろう?」と、相手の本当の良さが見えなくなっていきます。

贅沢に慣れすぎてしまうとお金の大切さが分らなくなるのと一緒で、自分の方はいくら恋人を大切に思い愛情を注いでいたとしても、相手にその気持ちが無いなら恋愛は長続きしないのです。

復縁したいと思っているなら、自分のせつなくも辛い気持ちを押し潰しながら、自分の方からは絶対に連絡しないと心に決め、元恋人があなたの大切さんに気付いてくれれば、復縁への道もかなり近づきます。

気持ちが落ち着く事で反省できる

復縁するためには高ぶった感情を冷まし冷静な判断力を取り戻す必要があります。

どんなに愛し合っていたカップルだったとしても、冷静な話し合いで別れられるのはごく少数です。恋愛がからむと普段沈着冷静な人でも逆上しますし、愛情と憎しみは紙一重なので、好きな相手と言い争う事で愛情も憎しみへと変化し、連絡を取る事でますます嫌悪感が増していきます。

別れてすぐに復縁したいと連絡してしまうと、別れる原因になった事柄や別れ際のあなたの態度を連絡が来るたびに思い出すので、何度も連絡されるたびにイライラさせられるので「やっぱり別れてよかった」としか思われません。

何度も繰り返し嫌な気持ちにさせられる事で、しまいには嫌悪感を通り越し生理的に受け入れられなくなり、復縁すらも危うくなります。

別れた原因が自分の方にあったなら、今までの自分の言動を後悔していること、付き合ってくれて感謝していることをメールで送ってから距離を置けば復縁できる可能性も高まります。

スポンサーリンク

時間を置くことで欠点を改善する事ができる

復縁が失敗する大きな原因は、相手に愛情やが残っていたとしても欠点が改善されていない事に余計にがっかりされ、ほんの少し残っていた愛情や人としての情すらも消えてしまうからです。

別れを切り出した相手にしてみれば、恋人の嫌な部分にうんざりして別れているのですから「何も分ってなかったんだな」と心底呆れられると、次また付き合いたいと思うことはあまりありません。

元恋人と会えない時間というのは、よく出かけていた場所へ行ったり、時間が空いた途端すぐに元彼・元カノの事を思い出し泣きそうな気持ちにもなります。

ですがあまりにも元恋人の事を思いすぎてしまうと、相手の職場や自宅で待ち伏せしたり、SNSで相手の行動をチェックしたりと、完全な迷惑行為を好きだからという理由で平気でやってしまうようになります。

元恋人と距離を置く間、思いつめてしまうとロクな事にはなりませんし、復縁に向けて何の解決にもなりません。

会えない事を悔やむより、自分の欠点を改善させより魅力を引き出す時間に使うことができれば、復縁するチャンスが訪れた時「こんなにステキになったなんて」というおどろきを与え、より気持ちを引き寄せる事ができるのです。

会えない上に復縁できるかどうか分らないのに、自分の欠点を改善しなきゃいけないなんて・・・と感じるかもしれませんが、復縁したいのならまずは自ら動き出す事が大前提ですし、欠点を改善させる事で自分の人生にもプラスになりますので、元恋人に連絡できないからと悲しむ前にまずは行動を起こして下さい。

相手へ依存する気持ちが改善される

恋人に頼られると悪い気はしませんが「あなたがいないとダメなの」「いつも一緒に居たい」と相手に対してべったりと依存してしまうと、最初は一緒にいれて楽しい・心地よいと感じるでしょうが、いつも一緒に居すぎることで束縛を感じ、一緒にいる事が窮屈に思うようになります。 

相手に依存する事で自分は安心できるかもしれませんが、依存が束縛につながったり、恋人のいいなりになりすぎることで自分の意志が無くなり、あなたの個性が失われてしまいます。

依存は心地よいものですが、寄りかかられすぎると相手への負担が強くなり別れの原因にもなりますから、距離を置くことで自分を見つめ直し、自立したひとりの人間として「対等な立場」を築き直すことで、復縁に向けて冷却期間を取り依存心を改善すべきです。

むすび

復縁のために距離を置くのは不安だとは思いますが、一旦離れてみないと相手の良さも見え来なかったり、本当は大切な相手だという事も判断できません。

しっかりと欠点や問題点を改善させておけば、別れた時の悪い印象も改善させる事ができますので、しっかりと距離を置いてから復縁を目指して下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。