復縁したい元カレや元カノが冷たい場合の対処法3つ

スポンサーリンク

元カレや元カノとどうしても復縁したい!と連絡してみたものの、メールの返事や電話の声も冷たい、そっけない態度でしか接してくれなくとなると「本当に復縁なんてできるの?」と悩んでしまいます。
このような対応をされても、適切な対処法を取っておくことで態度も改善させ、復縁に近づける事ができるですが、なかには志半ばで諦めてしまう事になる事もあります。
では一体どうすれば元恋人の態度を改善させ、復縁に持ち込む事ができるのでしょうか?

なぜ元恋人の態度は冷たいのか?

すでに別れてしまった関係である以上、付き合っている頃のような優しい態度を取ってもらえるとは思ってはいないでしょうが、別れてからこんなにも冷たくあしらわれるなんて思いもしなかったはずです。
あまりにも冷たい態度にショックを受け困惑したとしても、元恋人からすればそのような振る舞いをするのは当然なのです。

別れ話でケンカや言い争いになったまま別れていたり「絶対に別れない」とすがりついてしまったのでは、あなたからの連絡を厄介な復縁話だと思い込みます。
他にも自分の方から振ったことへの気まずさや、お互い新しい恋愛に向かえるようにという配慮な時もありますが、多くは元カレ・元カノとの関係がこれ以上こじれさせたくないという、強い気持ちからきている事が多いようです。

つい冷たい態度で接したり、復縁できるまでつきまとうような事態になる事を恐れていると、自然とこのような冷たい態度にならざるを得ません。
もし本当に復縁したいのなら、一体どのような行動を取るべきなのか考える事が大切です。

今すぐ相手への連絡を絶つ

元恋人と復縁したいが為に、定期的にメールや電話をするなど何かと接触しようとしているなら、今すぐに止めて下さい。
そんな事をしたら忘れ去られてしまう、他の人の事を好きになりその恋に夢中になってしまうかも?という恐怖心はあるかもしれませんが、今のように何かと連絡を取ろうとしても、ロクな結果をもたらしません。
自分は元恋人の事が好きだ!という想いのみで突き進んでいますが、相手の方は残念な事ながらもう気持ちは離れているのですから、今現在好きではない相手に連絡してこられても受け入れられないのです。
今できる事は、こちらの方からの連絡は完全に絶ち切り、元恋人に自分の気配を感じさせない事のみです。
完全に連絡を絶ち、もうすでに元恋人に未練はない事を連絡しないことで示していけば、やがては元恋人の態度も和らいでいきます。

スポンサーリンク

長い文章のメールは送らない

メールで元恋人の心を取り戻そうと、自分の胸の内にある恋心をメールに書き綴ったり、別れる直前のケンカの謝罪といったジメジメした長い文章を送られても、相手は戸惑いと嫌悪感しか感じません。
付き合っている頃なら、多少の長いメールにも目を通してくれたでしょうが、別れた後となると長い文章を読むのも疲れ、最初は返事をくれていてもやがて面倒になり冷たい対応になってしまう事があります。

自分の方は未だ恋心に燃えている事もあり、気持ちをぶつけることで相手の気持ちも変わるかも?と内心期待したくもなりますが、残念ながらそういう展開になる事はまずありません。
そればかりか「そんな気持ちが重すぎるから別れたのに」とうんざりされ、怒りとウンザリ気分のせいで冷たい対応を取られる事にもなります。
連絡のしすぎもいけませんが、自分の気持ちをぶつけるように長い文章を送りつけるもの「嫌がらせ」のような効果しかもたらしません。

このような事態を引き起こすのは「自己中心的な視点」でしか復縁を考えていない事が原因なのですが、復縁に必死になりすぎていると、大好きなはずの元恋人に対しての配慮すらできなくなります。
手紙でも長い文章は読みにくいのに、、メールで毎回のように長いメールを送られて喜ぶ元恋人はまずいません。
送るなら要点だけをまとめた短いメールにした方が、冷たい対応も和らぐ要因になります。

相手に依存しない自立心を持つ

元恋人から冷たくされ避けられる原因には「もう依存されたくない」というウンザリ感が元恋人にあり、もういい加減自由になりたいと考えるようになります。

あなたが元恋人と復縁したい理由をよく考えてみて下さい。心から好きだからならまだしも、淋しいから、彼氏がいないとカッコ悪いなど、誰かに寄りかからないと淋しいと思い込んでいると、誰かの意見に流され続ける依存心の強い人間になってしまいます。

ひとりでじっくりと物事を考えられたり、自分の仕事や趣味、または新しい物事に取り組むことで人としての魅力も高まります。

今まで自分が元恋人に依存しきっていなかったかを振り返ってみて、依存心だけで元恋人を求めていないかどうか考えておかないと、いつまで経っても依存されるかも?という依存や束縛への恐怖心から、冷たい対応だけならまだしも連絡も取れないような状態になりかねません。

そんな事くらいで・・・と思ってしまうでしょうが、依存され束縛され続ける日々に戻るくらいならもう関わりたくないと思われるほど、依存心というのは根深いものです。

どうしても復縁したいのなら、自立した大人を目指し、自分を磨いていけば復縁にも近づけますよ。

むすび

復縁に一生懸命になりすぎてしまうと、相手の迷惑も考えず自分の気持ちばかりを押し付けてしまいがちです。

こんなに一生懸命な自分をい受け止めて欲しいと思っていても、相手にとっては迷惑だと思われていることも案外多いものですが、冷たい態度を取られるとどうしても追いすがる等の失敗行動を繰り返し、結局嫌われる事になります。

気持ちを押し付けるのではなく相手の事を考えること、自分を大切に育てていける精神的なゆとりを持てるよう心がけて下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから