別居から復縁の可能性は?やり直したいならしてはいけないこと5つ

スポンサーリンク

一生この人と添い遂げたい・・・

人生の中において大きな決断の上結婚したものの、性格や価値観・不倫や浮気問題など、予期せぬ出来事や対立で夫婦関係が冷めてしまい、別居してしまうと「離婚」という、結婚当初には思いもよらなかった選択肢しか頭に浮かばなくなります。

ですが一度はこの人と決めた相手ですし、まだ自分の方は大好きな相手なら、別居からでもやり直せる可能性は残されています。

別居してからの復縁となると難しそうですが、どのように接していけば別居からやり直すことができるのでしょうか。

別居を嫌がり続ける

あれこれ別居を回避しようとやってみたけれど、顔を合わせるだけで最後はケンカになるようなら、何をやっても上手くはいかないでしょうから一度別居をして感情を冷ました方が、今の現状よりマシになる可能性も多いにあります。

ひとつ屋根の下にイライラの原因が一緒にいると感じるだけで、精神低に安らぎませんし、一層険悪なムードになってしまなら、別居して感情を冷ました方がこれ以上イライラすることもなくなります。

今は冷静な気持ちでふたりの事を考える期間なのだと、別居を割り切って考えた方が、精神的にもプラスになります。

変に意識し合ってけん制し合いながら生活するより、復縁に向けてのエネルギーを養ってください。

恋人の時のように毎日メールや電話をする

どうしても復縁したいからといって、夫に毎日メールや電話をするのはよくありません。

ひとつ屋根の下で気まずい気持ちのまま生活しつづけるより、別居する事でお互い冷静になった方が復縁できるからです。

それなのに、まだ気持ちの整理や冷静な考え方ができない状態なのに「また一緒に暮らしたい」「大好きなの、また元に戻ろう?」などとメールや電話をされたとしても、心が動かされないばかりか、逆に気持ちを逆撫でするだけです。

上記のような内容でなく「ご飯ちゃんと食べてる?」というような心配するような内容でも、夫としては心配するような文章でも「オレは大人なんだから余計なお世話」とばかり、文章どおり素直に受け取ってはもらいにくいのです。

なぜ別居をしているのかをよく考えれば、メールや電話で連絡を取ってはいけない事も理解できます。

スポンサーリンク

夫の事ばかり考えてしまう

普通の恋愛ならば、好きな人の事を考えただけで幸せな気持ちになれますが、別居中の元夫の事をせつなく思い続けても、自分の気持ちが重くなり余計に辛くなるだけです。

夫の事は今でも大好きなら辛くなるのも当然の反応ですし、離れた事でますます好きな気持ちがつのるのも、当たり前の反応です。

ですが今はあまり思いつめてしまうと、感情を抑えられなくなり突発的にメールや電話で連絡してしまうと余計に関係が悪化してしまいます。

変に思いつめすぎ焦りで周囲が見えなくなりると、自分の気持ちばかりを優先させた挙句、夫の気持ちを傷付けてしまうようでは、復縁どころか離婚に一直線になる場合もあります。

夫の事ばかりを考えるのではなく、別居の辛い気持ちをやわらげる為、自分の趣味か新しい事にチャレンジしてみるというように、自分の気を紛らわせた方が元夫と向き合う気力も養えます。

子供がかわいそう・・・と夫を責める

離婚は夫婦ふたりだけの問題ではありません。

離婚をすれば大好きな父親と母親が離れ離れになり、今まで幸せだった家族が分裂し場合によっては引越すことで友達と離れ離れにもなります。

両親の離婚で子供の今後は変わってしまうことは確かですし「離婚なんてしたら子供がかわいそう」「片親なるのよ?」と夫に罪悪感を感じさようとしても「お前にも原因や責任があるだろ」と感じるので、ますます心が離れていきます。

確かに言っている事は正論なのですが、離婚と子供の問題は別問題として考えるべきで、別居や離婚は「夫婦の問題」であって、子供を巻き込むのはもちろんですが、夫婦ふたりの問題としてとらえないと失敗します。

夫を批判し否定する発言

自分には離婚する理由も原因も無い、悪いのは夫ばかり!とばかりに、ふたりの将来の為に話し合いをしていたはずなのに「浮気したあなたが悪い、でも離婚はしないからね」と離婚原因を責めても関係は冷え込むだけで決してプラスにはなりません。

男性を困惑させ気持ちを冷めさせる多くの理由は、女性がするどく突いてくる「正論」は男性のきもちをかなりの確率で苛立たせる原因になる事を知っておいて下さい。

女性はよく正論を男性に突きつけますが、その正論は正しいと認めながらも胸の内ではモヤモヤしつつも、口では勝てないことを知っている為、やり込められた形で話し合いも終了しがちです。

女性は口が達者なだけに、何度もこのような形でとくな話し合いもできないようでは、離婚へとトドメをさしてしまう可能性があります。

ただひたすら批判するのではなく「あなたが浮気しちゃったのは、私が満足させてあげられなかったから・・・」というように、自分も悪かったと「共感」することで罪悪感を感じ、反省する気持ちやまたやり直せるかもという気持ちを引き出せます。

伝え方ひとつで印象はマイナスにもプラスにも転じるので、どう思うかを常に頭の中で考えてから発言した方が風縁にも近づけます。

 

むすび

離婚なんてしたくない!そう焦りを見せても夫の気持ちをがらりと変えるのは難しいです。

一方的に自分の気持ちを訴えるのではなく、まずは夫の不満や気持ちを十分に聞くようにして下さい。別居は長すぎるとお互いがいない生活に慣れきってしまうので、3ヶ月~半年を目安に別居解消を目指し、適度な距離感を取りつつ復縁を掴み取って下さいね。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから