1ヶ月の冷却期間で復縁できる別れのパターンと復縁の手順

スポンサーリンク

復縁の平均期間は焼く5ヶ月と言われてはいます。その中でも1ヶ月程度の冷却期間を経た復縁は、まだ関係を修復しやすい部類ではありますが、この後どのような復縁の手順を踏むかで今後の元彼との関係性まで変わってしまいます。

時として焦りと強い気持ちから自己流での復縁方法に走ってしまいそうになりますが、どのような復縁手順を踏むべきなのでしょうか?

1ヶ月の冷却期間で復縁できる別れのパターンとは

冷却期間を取るのは、付き合っている頃や別れた時の嫌悪感を少しでも薄れさせることを目的として、メールや電話というような接触を完全にシャットアウトし、恋愛や別れ際に感じた嫌悪感や気まずさを冷まします。

1ヶ月の冷却期間で復縁できるのは、お互いにしっかりと向き合い話し合った末の別れ、感情的なケンカ、別れ話が出た時しつこく連絡を取ろうとした場合には、冷却期間取る必要がありますし、もめたり泣いてすがるようなことがなく、穏やかに別れているなら1ヶ月程度冷却期間を取ることで復縁できる可能性が大きいです。

もし自分の感情を抑えきれず、1ヶ月未満で元彼に連絡してしまっては嫌悪感が薄れるどころか「しつこい女」「重い女」と煙たがられるので、どんなに辛く淋しい気持ちになったとしても、メールや電話で連絡する事だけは避けてくださいね。

別れた状態から原因を導き出そう

1ヶ月という短期間での冷却期間の場合、話し合いを重ね別れていたり、多少気まずい雰囲気で別れたとしても、メールや電話で変に追いすがらい限り、短期間で復縁することは可能です。

恋人同士の別れの原因の多くは、意見や価値観の違い、性格の不一致による口ゲンカというような突発的な事柄が原因ではありますが、反省し改善していこうという気持ちがあるなら、最短での復縁も可能なのです。

ケンカの場合、自分は悪くない!と強気になり、向こうの方が謝ってくれないと・・・と思ってはいても、元彼の方から動きがないなら自分の方から折れるしかありません。

自分がケンカの原因がなかった場合でも、自分を向上させる前向きな気持ちが必要です。

654sojh

スポンサーリンク

冷却期間明けのアプローチにはメールから

元彼の方から嫌悪感丸出しで振っていない限り、1ヶ月も連絡が来ないような状態になれば、元カノへの未練の気持ちが湧いてきます。

ですが元彼の方から振った場合には、男としてのプライドや恥ずかしさもあり自ら連絡できないと感じているなら、未練が沸いてきた頃連絡する事で元彼の気持ちをつかめます。

直接会っても良いですが、別れた理由が感情的になったことが原因なら、メールの方が何度も読み返したのち送れるので、失敗もしにくく冷静な気持ちでメールを送れます。

元彼に送るメールの内容としては、あなたの未練を感じさせるような「やっぱり好き」「復縁したいの」と言うような直接的な言葉では、あなたは未練を感じていると知られてしまい、キープ要員にされたり嫌悪感が増す原因になりかねません。

メールの内容となると、気持ちを伝えたり謝罪のような内容を思いうかべるかもしれませんが、最初の内容は事務的なもの、例えば忘れ物に関する問い合わせや元彼の興味を引くような趣味や仕事に関するものにした方が余計な警戒心を抱かせません。

もし元彼が即連絡してくれたのなら脈アリと見てよいですし、もし返信が1~2日以上ないようならあと少々時間を置いてから、再度メールを出して見てください。

元彼の方から追いかけさせる

男性は追いかける恋愛が好きなので、元彼の方から追いかけさせないといけません。

追いかけさせるには上記のように「外見」を変え興味を引くように仕向けたりと、元彼の中の「未練」を大きく育てていく必要があります。

もう気持ちがない相手だったとしても、男性によっては別れた後も「自分の物」と無意識で感じているので、元カノの方から追いかけてしまうと、他の女性に目移りしたり、二股をかけられる原因にもなってきます。

一度別れた相手な上、1ヶ月以上全く連絡がなかった元カノなのですから、下手をすると「すぐに手に入る」相手と判断されかねません。

連絡する際、安易に好きな気持ちを見せないのもこの為ですが、元彼とのメールや電話はもちろん、実際に会った時元彼に対して気を使いすぎたり、過剰に緊張しないように振舞い自分の未練を感じさせないようにしていき、他の友達と同じように振舞ってください。

もう彼女ではなく元カノになり、サバサバとした振る舞いをされるたびに「自分との関係はその程度のものだったのか?」とショックを受ければ、強く未練を感じますし、元カノから追いかけられないことで余計に気になる相手として認識されるようになります。

元彼なだけに特別扱いしたくなりますし、そうした方が復縁に結びつきそうな気がしますが、変に意識しすぎず元彼に追いかけさせるように仕向けていけば、1ヶ月の冷却期間でも復縁は可能なのです。

むすび

冷却期間が1ヶ月と短い場合、早々に復縁できれば以前と同じような雰囲気のまま復縁できますし、ケンカの原因を一緒に悩み解決することで、より親しい関係を築き上げるチャンスにもなっていきます。

ただししっかりと原因が改善できない場合、ふたたび同じ理由で別れたりくっついたりを繰り返し、結局傷付け合いながら別れるハメになるので、冷却期間中にはケンカの理由や外見・内面共に磨いてください。

スポンサーリンク

復縁成功体験談を公開中

hukuenadlp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Len

「復縁キング」管理人のLenです。 今まで100名を越える復縁希望者の復縁を叶えてきました。失恋で悩むもっと多くの人に復縁する方法をお伝えすべく当ブログ「復縁キング」を立ち上げ。復縁を叶える方法を執筆していきます。 私への相談・お問合せはコチラから